NPS塾長、横山英樹によるブログです。


神経質 仕事

 昔はそうではなかったと思っているのですが、最近は『神経質』なところが多くなったように感じています。特に仕事に関しては早目早目にこなさないと気が済まない自分がいます。今も来週どころか来月、再来月までの複数の仕事を並行して進めています。早起きの習慣があるため、会社が空いていない早朝から午前中に自宅等で仕事を進めるので早いのは当たり前かもしれません。自社の仕事だけではなく他団体の仕事が多いため、自然とこの時間を活用するようになりました。妻からは家ではもっとゆっくりすればいいのにと言われますが、性分なのでしょう、止められません。一区切りするまで空腹でも食事もせずに取り組みます。そして様々な仕事を期限前にこなし、悦にいる自分がいるのです。完全に自己満足の世界ですが…。

飼い犬

 2年前より娘が現在住んでいる私の旧宅(彼女にとっては実家ですが)で、私の許可も得ずに犬を飼い出しました。しかも知らぬ間に3匹に増えているのです。私は動物は嫌いではありませんが、散歩や毛などの後始末やその掃除にトイレの世話など大変なことが少なくないため、娘が小さいときに飼ってほしいと言っても許可しませんでした。その反動?なのか室内犬2匹とやや大型犬1匹を買ったのです。そのため家も娘に貸している車もすっかり犬臭くなってしまいました。それだけでも嫌なのに、家主である私に向かって吠えるのですから腹が立ちます。まあ犬なので怒っても仕方のないことですが、ときどき蹴り飛ばしたくなります。動画で大炎上していますのでやりませんが…。娘は番犬代わりに良いと嘯いていますが、私には悩みの種です。はー…。

パクチー

 最近巷では人気らしいですが、初めてパクチーを食べた時はあまりに強烈な匂いと味だったため吐き出してしまいました。今はようやく少しなら大丈夫になりましたが、好んで食べません。料理に入っていたら原則取り出します。パクチーサラダもあるようですが、私には無理です。好き嫌いがほとんどなくなった私にとってパクチーだけは鬼門ですね。

携帯壊れる

 4年以上使っていた携帯電話がバグって壊れてしまいました。機種は今では骨董品扱いのiPhone5 です。これ以前も前面のガラスが割れたり、水に少々浸かったりして2回変えましたが、当時まだ在庫があった同じ機種を選んだので、かれこれ6年くらい使いました。理由は私の手のサイズに合うからです。私は人よりかなり手が小さいので大きいと持ちにくいのです。しかし今回は当然在庫などあるはずがなく、いきなりiPhone10にアップしてしまいました。サイズが大きく大変です。またApple IDやメールアドレスの変更がなかなかできず苦労してます。おまけに前の携帯は壊れたため、今までインストールしたアプリがパーになってしまいました。全く散々です。サイズが大きいので胸ポケットに入れるとパンパンで、ペンが同居するスペースがありません。本当に不便です。

白血病

 競泳期待の星である池谷璃花子選手が『白血病』にかかったという歩道が流れ、大袈裟ではなく全国に衝撃が走りました。この病名は聞いたことはあっても、患者数の少なさから癌や脳疾患などの病気より関心が薄いと思われますが、これを機に関心を持つ人が増え、ドナー登録者への応募が急増していることは朗報ではないでしょうか。池谷選手の「神様は超えられない試練は与えない」という言葉に感動と勇気をもらった方も少なくないはずです。彼女の不屈の精神に期待して、彼女の帰りを暖かく待ちたいと思います。

堺屋太一氏逝く

 元経済産業企画相の堺屋太一氏がお亡くなりになりました。私とは年齢が20歳以上離れていますので、政治家という印象以外は薄いのですが、作家としての活躍の方が大きいのかもしれません。1982年に放映されたNHK大河ドラマ『峠の群像』の原作者でも知られています。その彼が作った『団塊の世代』という言葉は戦後から昭和40年代生まれの人達にとって、強烈な言葉となって残っています。かつては「今の若い者は」と言われた団塊の世代がもうすぐ後期高齢者に入ります。時の流れを痛感するとともに、この国がますます老人大国となり、様々なひずみが生じていくことを予想すると暗い気持ちになるのは私だけでしょうか。

衰退のバレンタインデー?

 最近はハロウインの陰に隠れたような感じがする『バレンタインデー』です。ある統計を調べて見ると、以前はこの日だけで年間売上の35%近いシェアを誇っていたチョコレートが、シェア率が1992年をピークに低下に向かい、2000年前後で底打ちし、その後は25%弱で安定しています。この数字とチョコそのものの消費量が増えていることを鑑みると衰退というよりは風習として定着したようにも感じられます。熱しやすく飽きっぽい日本人ですが、最近のハロウインブームに押され気味に思えるバレンタインデーも市民権を得たのでしょうか?

雪、雪、雪

 ここ10日間で3回も雪が降りました。2/1は結構積もりましたね。また2/9,2/11と立て続けに降り、成田市は一面雪景色になり、屋根にはまだかなり雪が残っています。こちらは雪に脆弱な交通機関ですから、空港では欠航が相次ぎ、私は車のタイヤがスタットレスではないため、倫理の会議を2回欠席してしまいました。暖冬とは縁遠い最近です。昨日は県立高校の前期入試が行われましたが、雪の合間でしたので何事もなくほっとしました。あとは発表を待つだけです。

漢字は難しい 最終回

  最終回は画数の多い漢字です。非常用漢字ではいろいろありますが、常用漢字では「鬱」(うつ)で29画あります。常用漢字ではありませんが中学社会の教科書に載っている浄土宗の開祖親鸞(しんらん)聖人の「鸞」は30画もあります。他にも「襲」「驚」が22画、「鑑」は23画です。画数が多いと練習する方も大変です。漢字は読み方だけでも難しいのに、覚えるためには書く練習は欠かせません。子供達も大変です。世界で一番難解な文字と言われるのも無理はありませんね。

漢字は難しい その4

 今回は当て字です。何といっても難しい幹事はこれでしょう。仮借文字とか転注文字とも言います。「兎に角 沢山 珈琲 出鱈目 独逸 田舎」などこれも山ほどあります。特に外来語を漢字に直すと難解です。読むのも難しい物が多いですが、書けと言われると私にも書けない方が圧倒的に多いです。例えば「火酒 極光 木栓 肉汁 卓子 螺子」は「ウイスキー オーロラ コルク スープ テーブル ネジ」と読みます。言われるとなるほどと思うものが多いですが、いくつ読めましたか?本当に『漢字は難しい』ですね。