今日は桃の節句で『雛祭り』です。私は三人兄弟ですので端午の節句はしてもらいましたが、桃の節句は小学生になるまで知りませんでした。そのせいもあるのかあまり興味がなく、娘ができてからもこの行事は妻任せでほとんど参加しませんでした。雛人形も義母からもらった物を使用していたのでなおさらです。毎年二週間ほど飾っていましたが、全くと言っていいほど記憶にありません。興味がないものはこんなものです。少々情けないですが…。
 この頃、梅の花が咲いているのを見かけます。私の家の近くにも梅が咲いています。梅の花もいろいろな種類があるそうです。その数なんと300種類。ネットで調べて、家の近くの梅は豊後という種類のような気がしますが、、、今度もっとよく観察します。ただ今日の大雨で花が散っていなければですが、、、 押尾
 連日お騒がせの内閣広報官が辞任しました。二週間の療養が必要で大病もあると発表されました。あまりにタイミングが良すぎます。人の噂は75日ですので矛先を変えさせる意味もあるのでしょう。辞めるなら給与返上などせずにスパッと辞めた方が良かったのではないでしょうか。その一方でマスコミや野党はあれだけ厳しい追及や批判をしていながら、急遽辞職となると一転被害者扱いする論調へと急変しているのが情けなくかつ笑ません。いつもの「手のひら返し」ですが、それを恥ずかしいと思わないところが非常に遺憾です。
 弊社の業界は今日から新年度です。身体には『新陳代謝』が必要で、古いものが新しいものに次々と変わっていきます。髪の毛や皮膚など体内のあらゆる器官の細胞はこれを続けています。同様に会社など様々な組織にも『新陳代謝』は必要です。定年があるのもその証座でしょう。私も今年で62歳。年齢的にもその時期になったと感じています。若い頃のパフォーマンスを演じることができない以上、舞台を去る準備をせねばなりません。「老兵は去りゆくのみ」の心境が理解できるこの頃です。寂しいなあ…。
 春は咲いている植物としては、私は好きな季節になります。桜、チューリップ、梅、タンポポ、つくしなどなど。ただ、春という時期のイベントは私は苦手でした。学校では新学期のクラス替えがあったりなど、いろいろなことが変わる季節だからです。生徒さん達には環境の変化等をチャンスに変えられるような強い人間になってほしいと思います。 押尾
 前回春といえば人生の変わる時期と話しましたが、小学生から中学生になるときも大きな変わり目だと思います。当の生徒さんたちより、保護者様のほうが特にプレッシャーに感じていられるようでした。説明会で中学1年生から入試を意識してという話がでると、なおさらですよね。ただ大切なことではあります。NPSでは集団授業で5科目その学校に合わせてしっかり指導しますので、ぜひ体験授業にお越しください。 押尾
 最近のポカポカ陽気で梅が一斉に咲きました。各地から梅の便りが聞こえてきます。近隣では水戸の偕楽園が有名ですが、2月は受験シーズンで弊社の最大繁忙期と重なるため、車窓から以外は梅の花をゆっくりと見たことは一度もありません。ニュース等で見るたびに、その美しさ堪能したいと感じています。今は無理でも1,2年後には実現できそうです。
 春といえば、人生の中での切り替わり時期ですね。2月24日、25日に中3生の入試が終わりました。そして、本日が中3生としては最後の授業でした。今回の入試は初めて1回になるなど、大変な状況の中での入試でした。本当にお疲れ様です。合格発表の日には、全員で笑いたいと思います。 押尾
 被災者の方のように実際に被害を受けた人のことではありません。仕事においてすぐ「自分ばかり…」と考える人のことで、自分を被害者と見なし仕事に支障をきたす人です。仕事は結果を出してこそのものだと思いますが、『被害者意識』の強い人はそう考えません。結果が出ないのは自分ではなく、そのような仕事を与える方が悪いと考えます。組織内での仕事に向いてませんね。遅かれ早かれ辞めていきます。どこに行っても通用しないと思いますが…。
 ミャンマーで軍事クーデターが起きてひと月になります。抗議デモは一向に収まる気配はありません。2011年に民主化した際に「アジア最後のフロンテイア」と呼ばれたミャンマーに多くの日系企業が進出しましたが、取り巻く環境は厳しくなりそうです。欧米の経済制裁が大きな影響となるからです。もともと貧弱なインフラや人材難に加え、今回の事件は大きな試練となりそうです。

さらに表示する