サンマ...
たねなしぶどう 秋に限らず夏休み中にも食べていました。今ではオールシーズンスーパーに並んでいるような気がします。小学生の頃、祖父母の家でよく食べていました。当時の私は、ぶどう=たねなしぶどう と思っていました。成長して、粒の大きなぶどうを見て、うわっと驚いていたくらいです。...
 弊社は今日より3日間『秋休み』です。今年はGWもお盆もコロナ禍により仕事をこなすために、自分だけは休めなかったので、久しぶりの連休です。この連休を利用して、日頃思っていた「富士山を真近で見たい」という願望を叶えに山梨県河口湖に来ています。ここまで来ると富士山とは目と鼻の先で、本当に眼前に広がっています。20年以上前にも来たことがありますが、その際の記憶はただ大きく見えた程度しか残っていなかったので、改めて感動しました。少し雲がかかっていたので明日はくっきりとした姿を見たいです。
焼きトウモロコシが私にとって秋の味覚にランクインしています。トウモロコシはもちろん夏休みにガシガシ食べていました。夏に食べていたのは、ゆでトウモロコシです。秋はなぜ焼きトウモロコシかというと、田舎の秋祭りがあっったからです。屋台に焼きトウモロコシ屋がでていて、ほんの数回しか食べたことがないのですが、しょう油の香りとともに強烈な思い出として残っています。 大山
 蕎麦も好きですが『うどん』も大好きです。いろいろな種類がありますが、そのなかで「煮込みうどん」や「鍋焼きうどん」が大好物です。煮込むのでコシは柔らかくなりますが、寒い冬は身も心も温まるので食べたくなります。夏は冷やして食べる「ざるうどん」がいいですね。ただ残念なのはラーメンと同様にカロリーが高めなのでめったに食べられませんが…。
 倫理法人会に入会し、早起きの習慣ができて初めて気付いたことの一つが『二度寝を避ける』でした。寝付いてから夜半に目が覚めるということは、身体がもう大丈夫という信号を送っているのです。現在はある程度の睡眠時間を取ると、5時前後でもスッキリして起きることが多いです。それ以前は目覚めて、起床しなければいけない時間まで30分以上あると、とてもうれしい気持ちになりもう一度寝ていましたが、二度寝をすると、鳴り響く目覚ましの音で起こされて最高に眠い自分がいました。皆さんも同じような経験ありませんか?倫理法人会の「目が覚めたらすぐに起きる」という教えは、個人的には本当に素晴らしいと考えます。その実践を踏まえた今は、4時起床でも目覚ましが鳴る前に全く問題なくスッキリして起きることができる自分がいます。もう15年以上の習慣です。決して加齢ではありませんよ…。
クリ! 栗も良く食べていました。さすがに祖父母の家の庭に栗の木ははえていませんでしたが、よく買ってきてくれたのを覚えています。最近は、栗をむいて食べるということ自体しなくなってしまいました。たまにむいてある栗をスーパーで見かけますし、栗を食べることも、栗ご飯やどら焼きの中に入っている時くらいになってしまっています。 大山
 新米の時期になり少し経ちますが、昔と比べると日本のコメは本当に美味しくなりました。道産子の私は昔は北海道は二級米(今はこのような名称はありません)しかできず、両親から米が美味しくないという話を聞いて育ちました。貧しかった子供の頃は米が美味しいという印象は皆無でしたが、40歳頃からコメのうまさを実感できるようになりました。特に10数年前に高価な炊飯器を購入してからは特にそう感じています。初期投資は高いですが、10万以上しても1日あたりに換算すると100円を2.5年間贅沢するだけで、美味しいお米が食べられるのです。個人的には全く購入しませんが、コンビニ等で飲料水等にかけている費用を考えると激安に感じています。最近はいろいろは産地のコメを楽しんでいます。
今ではめったに食べないイチジク。...
 先月のことです。妻が録画したドラマのエンデイングに流れていたり、TUTAYAなどでもこの曲が流れていて琴線に触れました。『裸の心』という曲でした。興味を持ち色々と聞いてみると年齢に関係なく、心に沁みる良い曲が多く、新たな発見でした。自分の子供達より若い25歳ですが、今後の活躍を期待したくなったアーテイストです。

さらに表示する