カテゴリ:佐原校舎



サンマ...
たねなしぶどう 秋に限らず夏休み中にも食べていました。今ではオールシーズンスーパーに並んでいるような気がします。小学生の頃、祖父母の家でよく食べていました。当時の私は、ぶどう=たねなしぶどう と思っていました。成長して、粒の大きなぶどうを見て、うわっと驚いていたくらいです。...
焼きトウモロコシが私にとって秋の味覚にランクインしています。トウモロコシはもちろん夏休みにガシガシ食べていました。夏に食べていたのは、ゆでトウモロコシです。秋はなぜ焼きトウモロコシかというと、田舎の秋祭りがあっったからです。屋台に焼きトウモロコシ屋がでていて、ほんの数回しか食べたことがないのですが、しょう油の香りとともに強烈な思い出として残っています。 大山
クリ! 栗も良く食べていました。さすがに祖父母の家の庭に栗の木ははえていませんでしたが、よく買ってきてくれたのを覚えています。最近は、栗をむいて食べるということ自体しなくなってしまいました。たまにむいてある栗をスーパーで見かけますし、栗を食べることも、栗ご飯やどら焼きの中に入っている時くらいになってしまっています。 大山
今ではめったに食べないイチジク。...
食欲の秋! お店に行くといろいろなくだものが色とりどりに並んでいます! 小学生の頃のわたしは、祖父母の元で生活していたこともあり、秋になると祖父母の家の庭にいろいろな果物が実っていて、それを枝からもじりとって食べていました。 カキ...
アメリカでパワーを発揮している日本産のミミズ! アメリカの山の落ち葉を食べまくるだけでなく、さらにミラクルな現象を起こしていました!...
ミミズは、落ち葉や腐葉土を食べて、微生物が分解しやすくなるように細かくくだく役割をしています。みなさん、ミミズっていいヤツじゃん!と思いましたよね!ところがです!!土地が変わるとミミズのはたらきがマイナスになるときもあるのです。最近、アメリカになぜか日本産のミミズが増えています。おそらく貨物にまぎれて海を渡った日本産のミミズ…がアメリカで大活躍!どころか、落ち葉をガンガン食べて食べて食べまくり、環境に悪影響を与えるまでになってしまったというのです。日本産のミミズがアメリカの山の落ち葉をあっという間に食べてしまうため、落ち葉が毛布の役割をしていた地面があらわになり土着の生物が影響を受けるに至ったというのです! 大山
ミミズがいると畑が肥えるといいます。 ミミズが土中の腐葉土を食べて、細かく砕かれた有機物が畑の中の微生物に分解されて作物の肥料になっていくからです。ミミズは落ち葉や枯草等の大きな有機物を食べて糞にして排出することで、有機物を細かくして細菌が分解しやすくするのを助けています。...
中学3年生の2学期頃に食物連鎖の勉強があります。 食物連鎖とは自然界の食う食われるの関係のことです。食物連鎖は草原や海の中だけでなく土の中にもあります。 そのとき登場するのがミミズです。落ち葉をスタートにミミズが落ち葉を食べて…と連鎖が始まります。このミミズにはすごいパワーがあります!明日以降、このミミズのすごさを話していきます!...

さらに表示する