ブログカテゴリ:八日市場校舎



 一昨日の大雪皆さんはどうでしたか。僕は大変でした。早く帰宅すればよかったのですが、高3生も残って自習していたので一緒に10時半までいました。もう電車はなく車で帰宅するしかありません。ゆっくりゆっくり走りましたが、FF車なので何とか走れました。しかし、国道296号で登りの坂道になるところで坂を登れなくなったトレーラーが横になって完全に道を塞いでいました。迂回して別の道に進みましたが、FR車のおじさんが坂を登れずにタイヤが空回りしていましたので後ろを押してあげました。そんなこんなで何とか空港通りにたどり着きましたが、大渋滞で全く動きません。さすがに出発してから4時間経過し、ついに力尽きコンビニまで引き返し、車の中で朝まで過ごしました。いつも車に寝袋が積んであるので助かりました。    高橋
 今日は自分の子供の入試のために、入試会場へ引率していきました。正門前には大手学習塾の先生方がずらっと並んでいました。僕の自宅近くにはNPSはないのでイニシャル「N」で始まる塾に通っています。子供は「N」の文字の入った青いバッグを背負っていたのですが、一人一人の先生が握手をしてくれました。塾では「N能研」の生徒であることがわかるように受験会場には「Nバッグ」で来るようにとの指示が出ています。  20人ぐらいの先生と握手をしているのですが知っている先生は一人もいなかったようです。おそらくいろいろな入試会場で手分けして応援しているのでしょう。  NPSは中学受験・高校受験・大学受験すべてに対応する珍しい塾です。だからこそわかるのですが、中学受験にはたくさんの先生が入試会場に応援に来ますが、高校受験では人数が減り、大学受験の会場に応援に来る先生は少ないです。センター試験や東大・慶応・早稲田などには予備校の先生方がたくさん立っていますが、それ以外の大学に応援に行く先生はまずいません。  「入試応援」=「営業」なんですよね。大昔はそんな気持ちもありましたが、今は純粋に「生徒の緊張をほぐしたい」とか「心細い生徒を元気づけたい」という気持ちのみで早朝の正門に立っています。2月は可能な限り大学受験の応援に行きます! 八日市場校舎 高橋
 先日作詞家の松本隆氏が紫綬褒章を受章されたとの報道がありましたね。今まで2000曲以上の作詞を手掛けられた松本氏ですが、松田聖子さんに作詞をした「赤いスイートピー」は昭和を代表する名曲ではないでしょうか。...
 突如悲報が飛び込んできました。過去W杯4度の優勝を誇るイタリアが来年行われるロシアW杯への出場を60年振りに逃してしまったとのこと。各国のスター選手を集めて、かつては世界最強リーグと言われてきた国内リーグ「セリエA」。近年は、南欧諸国の経済悪化からスター選手はイングランドの「プレミアリーグ」やドイツの「ブンデスリーガ」に流れてしまっています。そもそもそれ以前に、国内リーグを強くするために自国の若い選手を育てるという発想にかけていた点がイタリア代表の弱体化を招いてしまったように思います。  日本代表もW杯に出られるのが当たり前と油断はしてはいられません。  高橋
 先月プロ野球ドラフト会議が行われ、今年は早実の清宮幸太郎選手が7球団から指名を受け、抽選によって日本ハムが選択権を獲得しました。  日本ハムは高卒ルーキーは鎌ヶ谷市にある合宿所に入所することになりますので、地元は多いに盛り上がることとなるでしょう。...
 明日は匝瑳市・旭市周辺の中学校の体育祭が予定されています。...
 一昨日普段別の校舎で働いている先生方と夜食事をしました。いつも、八日市場と旭の往復で他校舎の先生方とお会いする機会がないのでこんな時間は僕にとってはとても大切な時間です。芦澤先生とは初めてお会いして28年です。この世界に身を置くようになって以来ずっと目標としてきた先輩です。たくさんのことを教わってきました。そして、これからもまだまだ勉強させてください。  来年、一緒にロシアに行くの今から楽しみです。  高橋
 今年は自分の娘も受験生です。永年この仕事に就いていながら、あらためて受験生の親の気持ちというものを日々実感しています。保護者様の塾に対する期待の大きさはとても大きいです。自分もついつい不満をもってしまいます。今まで自分が持っていた先入観は間違っていたことに今更ながら気づきました。保護者様もご家庭でこんなに苦労されていることに気づきました。まだまだ、足りません。我々が生徒さんに出来ることもっとあるはずです。保護者様の想像をはるかに超えた指導とは一体どんなものであるか考えなければなりません。  高橋
 昨日は引退表明した浅田真央さんのことを書きました。ブログ担当の高橋(八日市場・旭担当)は今週は真央さんに続いて自分の好きな人のことをつぶやきます。...

さらに表示する