カテゴリ:安食校舎



 最後は千葉県の南房総市にある高家神社です。日本で唯一、磐鹿六雁命という料理の租神をまつる珍しい神社です。毎年3回、平安の宮中行事を再現した「庖丁儀式」を実施するそうです。一切、手を触れずに庖丁と箸だけで魚をさばくというものです。私は大学の時、一度神社の儀式を実際に見たことがありますが、厳かな雰囲気です。時間があれば、この儀式も実際に見てみたいと思います。 押尾
 次は千葉県佐原市にある香取神宮です。全国約400社の香取神社の総本山になります。武術の神様の「経津主大神」をまつり、勝運・交通・災難除けなどのご利益があるそうです。また学問の神様も祀られているようです。最初の鳥居は境内と離れた、利根川の河川敷にあるそうです。たまに香取神宮は車で近くを通過するので、最初の鳥居を探してみようと思います。 押尾
 これから3回ほど、千葉から近いパワースポットを紹介していこうと思います。まずは千葉県鴨川市にある天津神明宮です。天照大御神や豊受大神など、多くの神々をまつった、県内屈指のパワースポットです。ご神木や境内の吉方位にある御神水があるそうなので、コロナ感染が落ち着いたら参拝に行きたいと思います。 押尾
 パワースポットについて調べてみると、ご利益別にお勧めスポットがあるのですね。コロナがはやっているので、インターネットで調べるだけなのですが、景色もきれいですがすがしい気分になりそうな神社が多いです。次回からは気になる場所をご紹介していきます。
 新年でテレビを見ていたら、パワースポットを特集している番組がありました 。いつもなら気にとめることもないのですが、今年はパワーがほしいと思い、番組をしっかりと見てしまいました。  そもそもパワースポットとは、大地のエネルギーがみなぎる特別な場のことをいうそうです。こうしたパワースポットは千葉県にも何箇所かあるそうです。今はコロナ予防もあるので行けませんが、コロナが終息したらぜひ行きたいと思います。 押尾
数百年先の未来の日本では、干支はどうなっているのでしょう?...
先日、「十二支相性ランキング」なるものを発見しました! 今年丑(うし)年なので、丑年と相性のいい干支をみてみると… なんと「うし」と「ねずみ」の相性がいいようです! ・丑(うし)はガンコだけど誠実な性格 ・子(ぬずみ)は素直な性格...
十二支の順番「子丑寅卯辰巳午未申酉犬亥」の順序の由来に、ネズミが牛より先なった昔話は有名です。神様に新年の挨拶来た順に十二支が決められたあのお話です。 実は「犬猿の仲」という言葉もこの昔話が由来だった事を知っていますか?神様への挨拶に向かう途中、犬とサルがしょっちゅう喧嘩ばかりしていたのでこの言葉がうまれたのです。 押尾
「干」と「支」は別の言葉で、ふたつがくっついて「干支(えと)」と呼ばれます。正しくは「十干十二支」(じっかんじゅうにし)と呼ばれます。 私達が干支だと思っている 子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 は「十二支」と呼ばれます。 実はもうひとつ「十干(じっかん)」 甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸...
先日、国によって十二支が微妙に違うことがあると書きました。なんと、十二支の本場中国でもメンバーチェンジが起きたことがあるんです!...

さらに表示する