NPSスタッフBlog


 NPSのスタッフによるブログです。


気になるところ?

 生徒たちが今週にかけて私立入試に行ってきました。志望先の高校に行って、試験を受けてきます。慣れない場所に行くので、駅の場所や電車などで迷った生徒さんもいたようです。
 さて、私立入試を終えた生徒さん達が話していた話題の1つとして印象的だったのが、各高校のトイレの清潔さについてでした。確かに気になるところだと思いました。塾のトイレも清潔さを保てるように気をつけていこうと思いました。
押尾

昨年のニュース

 今週、私立入試を控えた生徒たちの為に昨年の3月から起こったニュースをまとめていました。面接では「気になったニュースは?」という質問をする学校もあります。
 さて、そのニュースをまとめていると、昨年は災害の多い年だったように思えます。昨年発表されたその年の漢字一文字も「災」でした。今年は穏やかに過ごせる1年になるといいですね。

押尾

虹(その2)

 昨日見た虹が本当にきれいだったので、もう少し虹について調べてみました。虹は、太陽の光が空気中の水滴によって屈折・反射されるときに光が分解されて複数色の帯に見えるものだそうです。そういえば虹は雨上がりの時にでていますね。本当に神秘的な美しさだと思いました。

押尾

 本日、車で移動中に虹を見ました。赤、橙色、黄色、黄緑、緑、青、紫と七色しっかり見えました。すごくきれいでしたし、七色しっかり見えたので感動しました。ただ、ネットで調べると、虹の七色は黄緑色はなく、水色が見えるそうです。次に見たときには色に注意してみたいと思いました。いつになるかはわかりませんが・・・

 

押尾

受験を控えて

 中学3年生は今週からいよいよ私立高校の試験が始まります。

受験を間近に控えて生徒さん達も少し緊張しているようです。

体調不良の生徒さんもいて心配です。全員の生徒さんが無事に試験を終えられるよう願っています。

 

押尾

便利な物

 最近、忘れてはいけないことや仕事上の連絡等で携帯の写真がかかせなくなっています。

 実は今もこのブログのパスワードを、写真をとってもらい同僚の先生に教えてもらいました。

 便利な世の中になったとつくづく思いました。

 

 押尾

緊張感

昨日あたりから、受験生から緊張感が伝わってくるようになりました。いいことです。

逆に全く感じていないような言動を見聞きすると、大丈夫かなと不安を感じます。緊張しすぎるのはよくないでしょうが、ほどほどであれば気合が入ってきたと見えます。人それぞれなので線引きは難しいですが、勇気をもって立ち向かってほしいものです。

                                              あっしー

おみくじ

あけましておめでとうございます。

とぃっても、2日より受験生の特訓でしたが。

昨日、子供たち約30名を引き連れて成田山に初詣に行き合格祈願をしてまいりました。

おみくじをひいたところ、人生初の凶。びっくり仰天。昨年はこれも生まれて初めての大吉。しかし、2018年はあまりよい年であったとは思えませんでした。無病息災が最大の大吉要素だったのかもしれません。逆に凶というのは、いろいろな面でしっかりと注意を払っていれば、よい年になるというお告げではないかと考えました。

子供たちは凶のおみくじに大盛り上がりをしていましたが、まあ、喜んでくれたからいいことにしましょう。

 

                                         あっしー

サッカーとラグビー

サッカーが先に始まったようです。ラグビーはサッカーに興じていた少年が興奮して手に持って走り始めたことが切っ掛けと聞いています。どちらも面白いですね。ラグビーのほうが偶然性が高いらしいのですが、原因はボールの形状にあるようです。楕円形をしているため、弾んだ際にどちらに転ぶか分からない。そのため蹴るという動作の要素はラグビーでは高くなく、やっぱり肉弾戦のイメージがあります。アメリカンフットボールはその極めつけみたいです。お相撲さんのような体型の彼らの走るスピードは短距離選手並みであり、その頭脳は弁護士や医者にもなれるほど高いらしいです。フォーメーションは300パターンほど覚えていなければならず、体力だけでは練習に参加も出来ないらしいです。どうりで京都大学は強いわけだ。納得。来年はラグビーの日本開催ワールドカップですね。盛り上がるといいのですが。今のところ、サッカーのワールドカップほどではない気がします。競技人口の違いかもしれませんが。

                                               あっしー

                                

寒波

北日本に住んでいる人なら今日の気温を寒いねと話題にすることもないでしょうが、温暖なところに(北国以外に居住している人)住んでいると寒いの基準が変わっているのでしょう。軟弱者と非難されそうです。

ロシア(ソ連)の夢は暖かいところに土地を持つことだったと、昔教わった社会の先生がおっしゃっていました。気持ちはわからんでもないですが、武力による土地の奪い合いに終始するところが困ります。音速5倍の兵器が完成したそうで、守りようがない物らしいですね。使うことのないよう祈ります。

夏は涼しくていいところではないですか、ロシアは。物は考えようでしょ。

                                                                     あっしー

このところのニュース

明るい話題が印象に残らないのは、自分の心が暗いためでしょうか。

まずは、経済状況。株価暴落です。私には縁がありませんがFX投資家の方たちは相当に悲惨な年末を迎えているようですね。トランプ氏に振り回される世界経済では困りますが、リーマンショック以来の暴風であれば、安倍政権の消費税増税も飛んでしまうかもしれませんよ。フランスの話題も目に付きます。ゴーン会長の件や黄色の軍団デモ、すごいですね。国民性の違いなのか、日本では考えられない。また、韓国にも困ったもんです。ロックオンしたことを素直に謝れば済むものを嘘にウソを重ねて引っ込みがつかなくなっているようです。徴用工(募集工)の件にしろ、ダダを捏ねれば何かもらえるという韓国のことわざ通りに行動するのがおもしろい。「泣かない子は乳がもらえない」でしたか。また、千人規模で韓国政府を訴えているのも笑えます。「金がもらえるなら、俺も遺族。俺も私も」的な。いったい何名の遺族が名乗り出るのでしょうか、見ものです。経済の失速についても大統領に責任をとれとかいって、また蝋燭に火を灯すのでしょうか。でも、ムン氏を選んだのはあなた方国民ですからね。そして1965年以降、最悪の嫌韓感情を持たせた人たちですから。忘れないでほしいものです。地震のない津波も怖いですね。東南海地震の危機についてももっと真剣に取り組まないと。千葉県は大丈夫だからなんて、他人事みたいにしていられません。

                                          あっしー

 

 

昨今のクリスマスプレゼント

プレゼントは何って質問に、子供たちからは「お金」と答えが返ってくる事が多くなりました。

「最近のサンタはお金をくれるのか、じゃあ、先生のところにもきてほしいなー」「先生、サンタ信じているの?」「お金がもらえるなら、信じたい」「へー、夢のない大人だね」

塾の先生からもプレゼントがあります。当然、たくさんの宿題。「いやだー、もらいたくねー」「君たちにとって一番価値のあるプレゼントだよ、今は解からなくても将来わかるようになる。」「わかりたくなーい(絶叫)」

 

かわいい子たちです。ケーキとアイスはごちそうしました。彼らはありがとうといいますが、すぐわすれるんだろうな。(笑)

                                         あっしー

中二病

中二病といっても、中学2年生の病気ではありません。

世に言う反抗期の具体的症例の一つです。アドバイスには耳を貸さず判断基準が己にあり、反論は何に対しても行なうけれど、そのどれもが筋の通らないもので、やるべきことはしない。何かうまくいかないことが出てくると自分の中に原因は求めず、すべて周囲のせいにしてしまう。要は地球の中心は自分的な思考や行動をとるといったものでしょうか。子供に限らず大人にもたくさんいるようです。職場でも私的な付き合いの中でも感じます。30才過ぎての症状は重症というか、もう立派な一つの性格といってもいいのかもしれません。

子供たちの言動で見かけた場合はきつく注意します。宿題を忘れたとか、勉強しないといったことよりも、もっと大切なことが疎かになることの方が怖いからです。子供たち一人ひとりが将来他人から慕われ頼りにされる人になってほしいと勝手に願っています。

大人の方はというと、注意しません。軽蔑し諦めているからです。

                                         あっしー

 

テレビ番組

数年前まで暮れから正月3日くらいまで、各テレビ局は長時間の時代劇を流していました。最近、めっきりなくなったのは残念。視聴率などの影響でしょうが、私のように歴史好きの日本人は皆寂しい思いをしているのではないでしょうか。

しかし、年末の格闘技系は相変わらず楽しみです。若い頃はK1のスター達のKO劇に熱狂していました。今はボクシングタイトルマッチですね。トリプル世界戦など、垂涎ものです。昔も今も全く興味がない点で変わらないとすれば、お笑い系やスポーツ選手のバラエティー、かくし芸など全く興味ありません。たまに目に入ると、11月くらいに収録したのかな、晴れ着を着て「あけましておめでとうございます」と挨拶したのは12月はじめなのかななんて、冷たい目でみています。(笑)スポーツ選手は試合でその真価が問われるのであって、お笑いゲームで活躍するところを見たいとは思いませんから。

                                           あっしー

合従連衡

何かの折に書き記したことがありましたが、「キングダム」の話は面白いですね。2,000年以上前の話ですが、読んでいると現代社会にも当てはまる点が数多くあります。それも人気の秘密でしょうが、漫画を離れて春秋戦国時代の話をところどころ見聞きしてもやはり魅力的です。大半は史記の記載から後世の作家が脚色していったものでしょうが、やはりダイナミックです。故事成語もこの時代たくさん生まれています。合従軍対秦のとろは本当に面白い。翻って現代でしたらどんなばめんでしょうか。西側陣営対東側か、M&Aの場面などもその一部ですがね。かつての敵が味方になり、味方は当面の敵なんて場面はざらにありますもんね。

変化がたくさんあって面白いのは漫画か小説の中だけであってほしいと勝手ながら思っています。

                                              あっしー

活力源

誰か自分以外のヒトのために頑張ることはできますが、自分のために頑張るとなると難しい。たぶん、他人のために頑張ることが自分のためになるからということではないかと思います。ただ、純粋に自分の身は自分で守らなければならなくなったら、それはそれでがんばると言うより必死という言葉に代わるのかもしれません。

衣食足りて礼節を知るという言葉がありますが、今の日本の大半の国民は贅沢しようと考えなければ、衣食は足りているのでしょう。ただし、これだけ変化の激しい時代にあって、それがずっと続くことはありえません。鎌倉時代の人たちは「無常観」というもので納得しようとしたり、仏教に帰依し来世の幸福を願ったりしていました。みなさんは平成最期の元旦は何を祈りますか。無神論者のわたしは神様仏様に祈っても、どうにもならんことはどうにもならんと思っていますが、日本人の風習として初詣にはいきます。いつも「子供たちが無事に合格しますように」。毎年これだけです。

                                           あっしー

自力本願

他力本願の間違いではと思われたかもしれませんが、いえいえ自力本願です。

長い人生の中では、自分でどうにかするしかない場面が複数でてきます。腹を据えてしっかり自分でやるべきことを決断し実行するだけです。

受験はひとりで答案に向かうしかありません。そばでアドバイスしてもらえないのです。困ったらどうしようと思うなら、今、この時に準備していきましょう。やれることは全部やる。

あとは心配しても仕方のないことです。しっかり休養をとるため、明日も頑張ろうと思いながら熟睡してください。

                                          あっしー

大掃除

子供の頃は障子の張替えが好きでした。張替えと言っても実際に張るのは大人たちで、子供の私は破ることが仕事です。指を舐めてこっそり障子に穴を開ける悪戯が好きで、何度叱られたことか。しかし、大掃除の日は思う存分破れるのです。それこそ大張り切りで喜々としながら破ったものです。

さて、2018年度も残すところ2週間足らずになりました。みなさんにとって2018年はどんな年でしたか。私は昨年までと同様あっという間に駆け抜けた1年だったように思います。年が明ければ、すぐに入試です。しかし、忙しさにかまけて、掃除をサボらないようにしないと。

                                            あっしー

宅配

先日、実家の祖母から大好きな洋梨が送られてきました。

親から「あんたはいつ家にいるの」と言われて、本当に困りました。仕事柄夜の時間帯は受け取れず、また、午前中に家を出なければいけない日も多く、送る、と言われてから届くまでに1週間近くタイムラグが出来てしまいました。受け取った日も「午前中」という指定でしたので、9時から待機していましたが届かない…12時、家を出るギリギリのタイミングでようやく届きました。

しばらく前から再配達やドライバーさんの仕事環境が問題になっていますので、こちらとしても出来るだけ指定の日や時間にちゃんと受け取りたいのですが、その待っている数時間が厳しい…。

自宅に誰か人が常にいる状況なら心配しなくて良いんですが…。もちろん便利な宅配制度ですが、人によっては利用しづらいところもあります。私は、できるだけ再配達を頼まず直接取りに行くようにしています。

 

さて、その後すぐ、また宅配で品物が届くことがありました。そこで、今まで使ったことの無かったサービスを始めて利用してみました。オープン宅配便ロッカーです。

 

いろんな場所に設置してあるこのロッカーに直接荷物が届き、その後届くメールに記載されている暗証番号を入力すると荷物を受け取ることが出来ます。

 

24時間受け取り可能ですし、買い物ついでに取りに行くことが出来ます。いわゆる「何時に届くのか」と家で待っている時間が0。これは便利。個人的には自宅で待つより自分の都合のいい時間に直接取りに行くほうが楽です。

その他、コンビニ受け取りが出来ることもありますし、再配達のロス等も減って、人的な負担もどんどん減っていく方向に出来るといいですね。

 

これもアート

この前、大好きな歌手のライブがあって、お台場に行くことになったのですが、せっかく行くんだし、と張り切って午前中から気になっていた場所にも足を運んできました。

色々なメディアで取り上げられていてご存知の方も多いと思いますが、「チームラボ ボーダレス」です。

チームラボ自体は以前から知っていて、注目していました。

 

「チームラボ ボーダレス」は、見ている人達の動きによって、だんだんと変化するインタラクティブなデジタルアートが見られるところです。私はインスタはやってませんが(笑)いわゆる「映える」スポットでした。小さい子がおそらく1日遊んでいられる展示もたくさんありました。

そこそこ混んでいましたし、その後の予定もあったので、私達はそこまで長くはいられませんでしたが、同じ場所でも違うものが見られるので、ずっと見ていられます。というか見ていたかった。

息を呑むほど綺麗な展示ばかりで感動しました。自分がその作品の中に入り込むというか…。語彙力が無くて申し訳ないのですが、とにかく「何か凄い技術のとても綺麗なものを見てきた」という感じです。素敵でした。

他にも違ったテーマの展示を行なっているところもあるそうなので、機会があればまた見て来たいと思います。

 

願書

昨日、用事があって郵便局にいきました。

そこで、おそらく願書を郵送しに来ていると思われる高校生を見かけました。

今はインターネットでタイムラグなしに出願できるところも多いですが、やっぱり必要な書類は郵送ですね。

 

私も、高校生当時、自分で書類を書いて、郵送するために近所の郵便局まで持って行ったものでした。私の家は、大学受験で必要な書類の記入とか、提出とか、基本的に全部自分で調べて自分でやれ、という主義でした。書き忘れはなかったか、書類は全部足りているか、など、封をしてから急に不安に思ったりしたものでした。

 

その高校生も何かの確認のために電話していました。大学に問い合わせていたのか、それとも自宅に書類の確認をしていたのか・・・。それにしても窓口で局員さんとお客さんたちを待たせながらその電話かよ~、と思いましたが、まぁ仕方ないね、自分で大事な書類を提出に来たのはきっと初めてで、そして大事な願書だもんねと、なんだか応援したい気持ちで見守りました。どうか第一志望に合格できますように。

 

坂上

下町ロケット

ドラマはめったに見ない私が、今期、珍しく見ている(既に数話飛ばしてますけど)ドラマが下町ロケットです。今はゴースト編が終わって、ヤタガラス編ですね。特にこのヤタガラス編を大応援中!

殿村さんが佃製作所を抜けて私の地元でもある新潟で農業をやっている…。技術開発部長の山崎さん、そしてヤタガラス編から登場している野木教授を演じているのは、私の好きな劇団の俳優さんたちです。NACSファンにはお祭りのようです!

これは応援するしかない!観ていて思うのは、悪役が分かりやすく悪役で、どうしても佃社長や社員の人たちに肩入れしやすくなっているなぁということです。いろんなトラブルに巻き込まれつつも、信じる道を突き進む佃社長や製作所の社員たちを応援したくなります。

この前、見ていてなるほどと思ったのが、佃社長の台詞です。自分と他人の物差しは違う、比べても仕方が無い。自分の正しいと信じる道を全力で進むしかない、ということを言っていました。そのとおりだと思います。

 

おもいでのお菓子

チャンピオン びっくりまんチョコ

小学生の頃は、まだ天使と悪魔シリーズのようなものは始まっていなく、ダジャレシールでした。

友達と競争するように新しいシールを集めて、教室で見せ合いっこしていたのが懐かしいです。

大山

おもいでのお菓子

第6位 ドンパッチ

「はじけるお菓子ドンパッチ!」テレビCMで見るたびに食べたくて食べたくてたまらないお菓子でした。実際に食べたのは2、3回くらいしかありません。口の中でパチパチ炭酸のようにはじける感覚が小学生の自分にとても刺激的だった強烈な思い出が残るおかしです。

大山 

おもいでのお菓子

第5位 カール(しおあじ)

中学生の頃に売っていました。

このころのカールは、チーズ味、カレー味、しお味。

私はこの中でしお味がいちばんのお気に入りでした。

現在では販売されていません。

復刻版が一時期売られていたそうです。

もう一度食べてみたいお菓子です。

大山

おもいでのお菓子

第4位 さいころキャラメル

さいころの箱の中にちょっと大きめのキャラメルが2個入っています。

外箱がさいころになっているだけで、なぜか私にはプレミア感がありました。

キャラメルを食べ終わった後も、さいころとして遊べる子供の頃の私にとって結構楽しいおもちゃでした。

大山

おもいでのお菓子

第3位 ケロッグ

シリアルは、お菓子感覚でした!

最後に甘くなった牛乳を飲むのがたまらなかった思い出があります。

一緒にはいっているおまけも楽しみでした。

大山

おもいでのお菓子

第2位 にんじんぽん菓子

駄菓子屋さんでよく買ったお菓子です。

遠足のお菓子にもなったりしました。

ぽん菓子特有のかる~い食感です。今食べると、なぜ当時そんなに好きだったのかよくわからないのですが、家のテーブルの上にあったりするとテンションの上がるアイテムです!

大山

おもいでのお菓子

最近はお菓子を食べることが少なくなりました。

学生時代はポテチをよく食べていましたが、今はそれがちょっと胃にもたれるようなお年頃です。

でも、小学生時代はお菓子好きでした。当時の私が憧れた、あるいはよく買っていたお菓子を紹介します。

 

第1位 ビックワンガム

おそらく現在は売っていないと思われます。

お菓子といっても、ガムはおまけで主役はプラモデルです!

今売ってたとしても買ってしまうかもしれない大ベストセラーです。

大山

パンジーについて

 昨日に引き続き校舎の花についてです。校舎の入り口にはコスモスだけでなく、パンジーも植えています。コスモスと同じく9月ころに植えたのですが、まだ元気に花を咲かせています。初めて知ったのですが、パンジーは冬から春にかけてが開花時期だそうですね。冬の寒い時期でも元気に咲いてくれることを期待しています。

 

押尾

季節の変わり目

9月中頃から、校舎の入口付近で花を置き始めました。最初はコスモスをプランターに入れていました。さて、本日コスモスが枯れてきてしまったので、新しい花に植え替えました。コスモスはもうホームセンターにも売っていませんでした。季節が秋から冬に変わっていくことを感じた出来事でした。

 

押尾

好きな季節は?

 11月になると、面接練習を必要とする生徒さんがでてきます。その中で、「好きな季節は?」という質問がありました。その生徒さんは「秋」と答えており、理由もしっかりと答えられていました。
 私だったら、答えに困ったかもしれません。桜が好きなので春がいいと思うのですが、ただ春は新しい体制や物事が始まる季節なので、どうも緊張してしまいます。私にとっては、好きな季節はなかなか難しい質問だと思いました。

押尾

あほの坂田さんとは?

 皆さんは、あほの坂田さんと聞いて誰を想像しますか?私は、お笑い芸人の坂田さんを最初想像しました。ちびまる子ちゃんの中で、まる子の友人の野口さんが好きだった芸人として出てきていて、そのイメージが私にはありました。
 しかし中学生にとっては、あほの坂田さんは、歌い手の坂田さんを意味するそうです。ジェネレーションギャップを感じました。

押尾

テストについて

 本日、中学3年生が塾内の実力テストを受けました。何人かが、「数学の点数があがった」とか「英語の点数があがった」とか報告してくれました。入試までは油断はできないですが、このような報告はやはりうれしいものです。結果を受けて、教える側も気合を入れていこうと思います。

 

押尾

好事魔多し

BTSの少年達(?)も羽生さんも絶好調の状態での災難でしたね。

もっとも、前者は愚かな振る舞いの結果であり自業自得でしょうが、羽生さんにとどまらずスポーツ選手は好調なときほど怪我に見舞われやすいのではと思います。

ひょっとしたら怪我もほんの僅かの心の隙が原因なのかもしれません。

何事も調子に乗っりすぎてはいけませんね。

 

                                             あっしー

100点

易しい問題であっても100点は本当に難しいですね。ど忘れやミスによって逃すわけですが、本当に悔しいものです。中学3年生は中学最後の定期試験が終わった子が多いです。悔しさを味わっている生徒が多いですが、それを本番入試にぶつけてほしいです。くれぐれも同じミスはしないことです。

どんなテストでも間違いなおしノートを作っておくといいですね。図や表など自分で描いていると時間がとてもかかることがありますので、コピーして切り取って貼り付けることをオススメします。試験前に間違いなおしノートをみておくだけで、得点力は強力にアップしますよ。

                                                          あっしー

見舞い

会社同僚の見舞いにいってきました。

事故の痕が痛々しく、あわせて前日までのにこにこしてはつらつとしていた姿が思い出され、人間いつ何があるかわからないものだなと改めて思い知らされた次第です。

 

                                        あっしー

できることとできないこと

身体はふたつありません。時間も24時間です。

やらなければならないこととやりたいことのどちらを優先するかといったら、前者に決まっています。

しかし、睡眠時間も削り、身体の異常も我慢しながら、ストレスを溜めまくるのは、どう考えてもおかしい。

100%のうち80%か90%にするのはいいとして、残りの10%は健全な身体と精神のために使いたいものです。いや、使わなければおかしいと考えます。

受験生のみなさんは残り日数を考えて焦って折られる方もいらっしゃるかもしれませんが、まだ2ヶ月近くもあります。心と身体にも気をつけ完走して貰いたいです。そして、笑顔で合格を手にしてください。

                                            あっしー

両親の気持ち

御父兄と面談を重ねています。月並みな言葉になりますが、どの御父兄からもわが子を想う気持ちが痛いほど伝わってきます。学習面や生活面でこうなてほしい、ここを直してほしいといった願望は多々あるようですが、根底に流れるのはよくここまで大きくなってくれた、無事に育ってくれたというお気持ちのようです。

私たちがサポートできる部分は限られていますが、たとえ部分的なものであっても少しでもお力になれるように大切なお子様を預からせていただきます。私どもの塾を選んでいただき、尚且つ信頼していただき、感謝の念でいっぱいです。

 

                                            あっしー

練習

 普段授業を見ている生徒さんたちが出る、と言う情報を聞いて、東金市の小中学校音楽祭を観にいってきました。会場は、お子さんやお孫さんたちを見ようと集まった保護者様たちでいっぱい!市内の小中学生が集まって、合唱や合奏を披露していました。中学生は、合唱コンクールで1位になったクラスが発表していました。私も合唱をずっとやっているので、歌っている子達が、ほんとにたくさん練習してきたんだなということが感じられました。感動しました。ここ何年かの中3の定番曲は「あなたへ~旅立ちに寄せるメッセージ~」ですね!毎年この時期に必ず聞きます。私も学生時代に歌った「大地讃頌」も懐かしかったなぁ。

 

 大学時代の歌の先生に「練習だからって手を抜いてどうする。練習を毎回100%でやってこそ本番で100%以上の歌が歌える可能性がある。というか、あくまで可能性であって、本番で100%の力を出せることのほうが難しくて、80%、90%しか出せないことのほうが多い。本番に限って失敗したりする。それなのに、普段の練習から「このくらいでいいや」と50%や60%の力しか出していなかったら本番どうなると思ってるんだ。」というようなことを言われた覚えがあります。全くそのとおりと思いました。

 

一生懸命歌っていた中3の皆は受験のために模試や実力テストだらけの日々を送っていると思います。これも、練習と一緒ですよね。そして、練習だからと甘く見ず、本番くらいのつもりで全力で取り組んで、向き合ってほしいです。

 

・・・私も練習頑張ります。と思ってその日の練習はいつも以上にがんばりました。

 

坂上

抹茶!

そろそろ空いたかな~、と、先日、拡張された酒々井アウトレットまで遊びに行ってきました。

平日でしたがほどほどの混みよう。

どんなお店が入ったのかなと回っていたら、なんと、京都で大人気という『抹茶館』さんを発見!本店は行列が出来て、休日には整理券が出るほどの人気店なのだそうです。

 

1番有名なメニューは、写真の『抹茶ティラミス』です。驚くほどクリーミーなティラミスが、かわいい枡に入って出てきました。抹茶の風味と甘すぎないクリームが絶妙なバランス。美味しく頂きました!あわせて驚いたのがセットで付いてきたお茶。暖かい日だったので、アイスのほうじ茶を頼んだのですが、ちゃんと急須で淹れたお茶と、氷たっぷりのグラスが出てきて、自分で注いでアイスにする方式でした。香ばしくて美味しかったです。しかも、氷とお湯はお代わり可なのだそう。何てこった、いつまでもおしゃべりしていられるじゃないか・・・!と思いつつも、お店が混み始めたので、食べ終わってすぐ出ました。

メニューには、パフェや、ちゃんと目の前で点てて出してくれる抹茶もありました。

こういうとき、お茶を習っておけばよかったなと思います。いずれ機会があれば習ってみたいものの1つです。

 

京都の本店よりたぶん空いてますので、興味のある方は是非!

 

坂上

クリーンミート

海外のミステリーを観るのが好きで、DVDをかりてみたりします。最近、追いかけて観ているのが『エレメンタリー』シリーズ。シャーロックホームズとワトソンを現代に置き換えたら・・・というシリーズです。

今はシーズン5までがレンタルで観られます。

その話のある回で取り上げられていたのが、「クリーンミート」です。日本では「培養肉」とか「人工肉」とか言われたりもしているようです。

現在「肉」というと、牛、豚、鳥等を飼育して、その肉を食べるのが普通なわけですが、「培養肉」とは、動物細胞を組織培養して、増殖させて生産された人工的な食肉のことです。ストーリーの中ではこの培養肉を扱う企業がストーリーのカギになっていました。

私は植物の組織培養の経験があるので、その技術自体が存在することは知っていました。いつのまにここまで研究が進んだんだとびっくりして、いろいろ調べてみたら、日本でもこの培養肉を専門に研究開発するベンチャー企業が既に存在していました。知らなかった・・・。

世界的な食料不足、そして、飼料、水、そして土地といった家畜を飼うための莫大なコストを考えると、こうした技術で食肉を生産することは必要不可欠な段階に来ているのかもしれません。また、宗教上の理由で、たとえば豚肉や牛肉を食べられない人たちのためのタンパク源としての可能性も考えられているそうです。

もちろん、現在はまだコストがかかりすぎて実用段階では無いようです。また、安全性の検証ですとか、あとはそもそも「肉」の定義とは何なのか、消費者がそれを受け入れられるのかということも含めて、まだまだ議論が必要な分野だとは思います。

個人的にはこうして生産された肉を「クリーン」と名づけていることにぞっとしています。普通の肉がクリーンじゃないってか?生きる為には植物、動物といった生物を犠牲にしているのが当たり前で、だから食べ物を大事に、「いただきます」って言うのです。・・・と思っていたのですが。

今後、これが主流になってしまうのかもと思いつつ、今後も注目していきたいと思います。

 

坂上

新元号

新元号まであと5ヶ月とせまりました。

どのような名称になるのかとても興味をかき立てられます。

世の中には、西暦で十分足りるので、元号をあまり使わないという考え方もあるようですが、私は元号が好きです。

元号にはその時代が色濃く染み付いているような感じがして、昭和→平成→新元号 と3つの時代を生きていく実感が湧くからです。

大山

全国周遊

先日、友人と全国各地を転々としてきましたのでご報告。

 

・・・と言いましても、実際に旅行に行ったわけではなく、全国各地の「アンテナショップ」に遊びに行ったのです。

 

私もそんなに詳しくなかったのですが、何でも、有楽町・銀座エリアには、日本各地のアンテナショップが数多く集まっているのだとか。今回は「出来るだけ多くの都道府県を回ろう」と、たくさんの都道府県のお店を見て、お昼ご飯たべて、買い物して回りました。

広島で牡蠣のオイル漬け、香川では讃岐うどん。北海道でソフトクリーム、山形で玉こんにゃくを食べて、沖縄では全く知らない名前の食べ物や調味料を発見して・・・と、大変楽しい1日でした。

最近では、都道府県を絞らず、1つのお店でいろいろな都道府県の商品を扱っているお店も増えてますよね。JRの駅に入っている「のもの」というお店も好きで、見かける度に入ってしまいます。コンセプトは、『東日本各地域の食を中心に、地域の魅力を紹介する地産品ショップ』だそう。面白いです!

 

今年は様々な地域でまた自然災害がありましたけれど、こうやって、自分たちも楽しみながら、その地域や都道府県を応援することが出来たら素敵ですよね。またあちこち回ってみたいです。手軽に全国周遊。おススメです!

 

坂上

バファリンのやさしさ

「今日、夕飯食べてきてくれる?」というメールを受けたとき、

「いいよ。」という返事だけではたりないことに気づいた今日この頃。

もうひと言「体調悪いの?大丈夫?」が入れられていない自分にやっと気づきました。

なるほどなぁ…言葉に出して相手に伝わるという簡単な事を軽視してしまいがちでした。

 

バファリンの成分に、解熱鎮痛以外に「やさしさ」が含まれている意味が分かった気がしました。

バファリン…すごいよアンタは…

大山

最近の気候

10月も終盤、最近めっきり寒くなってきました。

紅葉をあまり見ていない気がしますが、今年もあと残り2ヶ月にせまってきているんですね。

急に暖かい日差しがさしこんだりすると、まだまだ暖かな日々が続くのかとちょっとだけ期待してしまいます。

でも、翌日がやっぱり寒くて期待はずれにおわる…。

う~ん…もう少し暖かい日が残っててほしいと思う今日この頃です。

大山

鬱という漢字

「欝」という漢字は何でこんなに複雑なのだろう?

書いているだけでしんどくなってくるそんな気持ちまで伝わってくる感じです。

辞書(字書)を引いてみると、

「大地を覆う木の象形と酒などの飲み物を入れる腹部の膨らんだふたつき土器」

「穀物の粒と容器の象形とさじの象形と長く流れる豊かでつややかな髪」

「立ち込めるよい香り」

「(よい香りが)ふさがる様子」

を意味するのが「鬱」という漢字だそうです。

なるほどなるほど…。

大山

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 というサイトにわかりやすい画像↓がありましたので転載させていただきます!

すごいぞゴリラ!

人間が頭の無駄遣いをしているとき、ゴリラは頭を有効につかっていたというニュースです。

今から5年以上前のニュースなので既知の方もいるかもしれませんが、

ゴリラのすごさを見習うために書き込みさせてください!

 

そのニュースとは、アフリカのルワンダの国立公園で、

なんと野生のゴリラが「密猟者のワナの解体」を学習したのです。

2頭の若いゴリラが協力して、仕掛けられているワナを解体している現場が目撃されたのです。

もちろん世界初!!

ゴリラに負けてしまう!

頭の無駄遣いをしている場合ではないのかも…。

大山

ハロウィン小惑星、地球に接近!

2018年11月、地球に謎の「ドクロ小惑星」が接近します‼

この星は、2015TB145と名前の付いた700mくらいの大きさの星です。

彗星の核の成れの果てともいわれています。

実は2015年に一度地球に大接近した小惑星です。

その時は、もう500年くらいは地球に近づかないと思われていましたが、

ハロウィンの時期にあわせて地球に近づいてくるそうです。

写真を見ると、たしかに...タイムボカンで見たことのあるあのドクロマークに見えなくもないですね!

大山

頭のムダづかい

中学2年生の時に「頭のむだづかい」という言葉を知りました。

お金の無駄遣いは、お金がないとできないけれど、

頭の無駄遣いは、その気があれば誰にでもできる。

知れば世の中には面白いことがたくさんあるんだよ。

という内容でした。

その時以来、雑学に興味をもってたくさん頭に詰め込んだり、

様々な本や雑誌を読んだりしてきました。

今にして思うと…ほんとに無駄遣いでした!

大山

ジャガイモのパラドックス2

////////////////////////////

水分99%のジャガイモ100㎏を、水分98%にしたら何㎏になるのか?

////////////////////////////

 

答は、50㎏です!

みなさん正解出来ましたか??

 

ジャガイモの水分以外(でんぷん)の部分の重さが、1㎏だということに注意しましょう!

水分98%のジャガイモは、2%がジャガイモのでんぷん部分で1㎏です。

2:98=1㎏:48㎏

という比になっています。

うっかり引っかかっちゃった人いませんか?

大山

ジャガイモのパラドックス

パラドックスというのは、一般に正しいと考えられているけれど、実はそうでない状態や主張のことです。

ジャガイモのパラドックスを紹介します。

////////////////////////////

今年の秋、ジャガイモが100㎏収穫出来ました。

このジャガイモは水分99%のみずみずしさです!

私は、水分98%になるまでジャガイモを乾燥させました。

さあ、ジャガイモは何㎏になっているでしょう?

////////////////////////////

みなさん、1%だけ水分を乾燥させたジャガイモは何㎏になっていると思いますか?

100㎏から1%軽くなったから99㎏?

いいえ、ちがうんですよ!

明日、答えを発表しますね!

大山

中学2年生

某校舎のグループ指導の2年生はとてもかわいい子たちです。

もちろん毎年2年生を指導していますが、群を抜いてかわいい。子供らしい反応がとてもいいです。また、少人数ですがみな仲がいい。隣の子がわからないと出来た子が教えはじめます。おいおい、それはあっしーの仕事でしょとも思いますが、「他人に教えると、教えた本人は3倍よくわかる」といいますので、放置。追加すると、みな誕生日が遅い性か、ちっちゃい。(笑)

伸びるこの条件に素直なことがあげられます。反抗期を迎えている時期ではありますが、基本姿勢は素直。教えたことが水がしみ込むように入っていきます。さらに話の聞き方が上手であることが多いです。絶妙のタイミングで質問してきます。しょっちゅう「いい質問だね」ということが多いクラスです。

                                            あっしー

暑かったり寒かったり…

 気温の変動が激しいせいか体調を崩すスタッフ・生徒さんが多いこのごろです。

テストが続き寝不足だと、いっぱつで体調不良になるでしょう。高校生は来週から佳境に入ります。24時を越えないようにし、やり残しは翌日の早朝にやることをお勧めします。1分1秒でも寝ていたい方には厳しいでしょうが、成績よりも睡眠を優先するようでは結果も自ずと知れます。ほんの少しの我慢でよい結果が手に入るなら、やらない手はないとおもうのですが。できなかったときは言い訳がすごいですね。でも、本当の原因は自分が一番分かっていらっしゃるでしょうから、あまり突っ込まないようにしています。逆に、良かったときの原因をしっかり分析し、次につながるようにしてください。成績に偶然ということはないのです。

                                            あっしー

世界バレー

 昨日、女子バレーをみていました。ボールを扱う競技ではサッカー野球は積極的に観ますが、バレーボールは時間が有れば程度であまり観ないです。1セット目がぐだぐたの様相で、しかも相手は全勝チームらしく、とても勝てそうにないのでチャンネルを変えました。1時間ほどして見直してみると、なんとリードしているではありませんか。勝利後のインタビューである選手が答えていました。「インターバルでコーチにアドバイスしてもらったことを実行したら、どんどん点をとれるようになった」そうです。

 アドバイスした方も凄いけれど、すぐ実行できる選手も凄いです。あっしーは子供たちに毎日と言っていいほどアドバイスや苦言を呈していますが、中身がないのか、分かりにくいのか、実行してくれる子供らは極僅か。プロの選手と子供たちを比べることがそもそも違うと思いますが、昨夜のバレーボール指導者は面目躍如ですね。うらやましいって思ってしまいました。

                                             あっしー