23日 7月 2018
 夏の代表的な果物といえば「スイカ」ですね。関東地方は空梅雨で日照時間が十分だったこともあり、とても甘くて美味しいです。子供の頃は種が多い物が多く、種など気にせず一緒に飲み込んでいましたが、今は種の少ない品種もあり、面倒でもきれいに取って食べています。昔に比べると品種改良が進んでいるのでしょう。果実が甘くて美味しくなっていますね。来日する外国人が驚くのも無理はありません。東南アジアでは日本産の果物は高価ですが、とても人気があり、いまや日本の一つの顔です。これからメロンやブドウ、秋には柿や梨といった果物が出てきます。この点でも恵まれた国に生まれたなあと感謝ぜずにはいられません。
22日 7月 2018
 夏の高校野球は千葉県は1校しか出場できませんが、今年は100回という記念大会のため特例で2校出場できます。北海道と東京だけが高校の数の関係で2校出場していましたが、記念大会ということで、高校の数の多い千葉県、埼玉県、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県が2校出場できる大会となっています。今回は平成最後の大会であり、また20世紀生れの選手が出場する最後の大会でもあります。例年より7校も多く出場できるのですから、球児たちにとっては朗報でしょうが、激戦には変わりません。昨日でベスト4が出揃いました。猛暑の中ですが球児達の検討を祈ります。
21日 7月 2018
 今日から夏期講習が始まります。毎年のことですが受験生にとっては『夏の陣』です。この40日間をどう過ごすかで成否が大きく変わることは言うまでもありません。長いようであっという間の子に期間。我々も毎年『暑くて,熱い夏』を生徒とともに真剣勝負で駆け抜けます。朝から晩まで体力勝負です。夏バテはほとんどしないので大丈夫でしょうが、過信せず全力で乗り切ります! がんばれ!! 受験生!!!
20日 7月 2018
 子供達は今日が終業式で、明日から待望の夏休みです。40日もあるので嬉しい限りでしょう。私が育った北海道は冬休みと夏休みが同じくらいの日数のため、8/17前後から2学期が始まります。したがって夏休みは25日ほどです。当時は自由研究という名目の宿題がかなり出され、大変だった記憶があります。今はどこも昔よりかなり暑くなっているので、屋外で遊ぶ際には日射病や熱射病に十分気をつけてくださいね。せっかくの楽しい夏休みですから。
19日 7月 2018
 夕方、授業に来た小学生が開口一番、私に教えてくれたのは、「先生、でっかい蜂の巣あるよ!」ということでした。あわてて一緒に外に出て確認してみると、たしかに、自転車置き場の上に、蜂の巣が。実際に蜂がぶんぶん出入りしています。孵化しそうな卵も・・・。そういえば、何日か前に、この蜂、校舎の周りで見ました。まさか巣があったとは・・・まったく気づきませんでした。意外に上って見てないんだなと反省。調べて、蜂は「アシナガバチ」と発覚。刺されるとスズメバチより痛いこともあるそうで、毒性も、スズメバチと同じだそう。  アナフィラキシーとかもありますし、これは大変と、駆除業者さんにお願いして、すぐ駆除してもらいました。気付かずに放って置いたらこれからまだまだ大きな巣になるところだったとのこと。怖かった~。  駆除自体はその日のうちにあっさり終わって一安心だったのですが、衝撃的だったのはその価格・・・興味のある方は調べてみてください。こんなにするとは・・・。見積もりを見て、まず相談したのは、「自分たちで出来ませんかね?」ということでした。しかし、作業中に刺されて病院行きになって診察代がかかった、とか、そもそも高い位置にあるので殺虫剤をまくのが大変で危険とか、いろいろ聞いて、やっぱり業者さんにお願いしました。怪我したくないです。 一番驚いたのは「シーズン料金」が存在することです。飛行機代や宿代みたい。何でも、春から夏にかけてはどの蜂も活発に活動していて、あちこちで駆除依頼があるのだそう。  今までこんなこと無かったので、本当に驚きました。普段から、できるだけ気をつけて見て回って、小さいうちに駆除。これが一番大事みたいです。皆さんもどうぞ、気をつけてください! 東金 坂上
19日 7月 2018
先日、用事があって実家に電話したのですが、夜誰も出ない、という日がありました。夜は必ず誰かいるはずなのに・・・と思いつつ携帯にかけると、母があっさり出ました。いやに賑やかだな、と思ったら、なんと福島の岳温泉に来て、食事が終わって皆で寛いでいたそう。え、聞いてない・・・...
19日 7月 2018
 日本温暖化どころか日本熱帯化ともいえるほど暑い日が続いています。暑さ対策に十分配慮してください。先般の西日本豪雨を始め、地震や火山噴火などもあり、日本は世界一の災害国とも言われています。それゆえ日頃の準備や対策が必要なのですが、何事も起こらない日が続くと、かくいう私もご多分に漏れませんが、つい油断してしまいます。非常食や水の備蓄、懐中電灯やラジオ、毛布や携帯トイレなど準備しておくものは少なくありません。『泥棒を捕えて縄をなう』 ではなく 『転ばぬ先の杖』 としたいものですね。
18日 7月 2018
 先月の健康診断で尿酸値が再び上がり、要再検査の判定が出てマズイと思っていたのですが、忙しいのと面倒くさいためほおっておいたら、『痛風』がまた再発してしまいました。これで昨年に続いて4回目です。いつも右足に症状が出ます。足の甲や親指付け根が赤く腫れて、激痛のため正常な歩行が困難になります。症状が重いときは立っているのも辛いのほどです。肥満や運動不足、過食とは全く縁のない私ですが、体質的に尿酸の排出機能が人より劣っているらしく、10年ほど前に発症して以来、やや慢性的に尿酸値が高い状況が続いています。経験的にピリピリとしびれるような感覚が発症警告で、一昨日この兆候があったので「やばい」と思いましたが、時すでに遅く翌朝から痛くて歩行に支障をきたすようになりました。大好きなお酒はしばらく禁止。運動も自重(よせばいいのに筋トレをしたら悪化してしまいました)。仕事は意地でもいつものようにこなしていますが、常に痛いので結構辛いです。『病気は生活の赤信号、生活の乱れや不自然さが招くもの』という倫理法人会の教えにありますが、ハードスケジュールをこなすため、短い睡眠時間で長時間労働を身体に強いたことで、生活が乱れてしまっていたことを反省し、赤信号を青信号に変えるよう努めます。ああ、早くお酒が飲みたい。反省していませんね…。
17日 7月 2018
 毎日暑くてげっそり。暑いところと涼しいところを行ったり来たりするだけで、体力がごりごりと削られていきます。食欲も落ちますし、はやく涼しくなってほしいと願う毎日。全国で39度を超える気温が観測される中、千葉の35度や36度はまだマシなほうかと思いますが、それでもつらいです。被災地でボランティアにあたる方々、そして、避難生活を送っている方も、どれほど大変でしょう・・・。どうか、ご無理なさらず。 私も、夏に弱いので、何とかしなくちゃと思って、ここ何年かは身体にいいこと、出来るだけ始めています。  まずは当たり前ですけど、暑いからといって冷たいものばかり摂取しないこと。ついつい冷たい飲み物や食べ物を選びがちですが、できるだけ避けるように気をつけています。個人的にはすごーーーーーーく好きで、出来ればいつでも食べたいアイスですが、この時期は意図的に断ちます。よっぽど暑い日の屋外じゃないと食べないことに決めてます。今月に入ってたぶん食べてない・・・(普段食べない人から見たらたいした期間じゃないかもしれませんが) ほんとはアイスとかソフトクリーム食べたいんですけど。コンビニの新商品とか見ると試したくなるんですけど。でも、夏の暑さがおちつくまで我慢。胃腸を冷やさない!  あとはここ何年か続けているホットヨガ。サウナみたいな環境で1時間身体を動かします。発汗機能を高めるのが良いらしいです。ふだんあんまり運動しないので(笑)良い機会になってます。多い方は1週間に2,3回通っているそうで・・・私はそこまでは無理かな・・・。でも、肩こりとか、冷え性の症状もちょっとずつ改善されてる気がします。  まだまだ7月中旬。暑い夏はしばらく続きそうです。先日は、部活中の中学生が熱中症で倒れるというニュースもありましたね。次の週末が、最後の大会になっている中学生達も多いです。同じく、外で部活の高校生達も、くれぐれも気をつけてほしいです。 東金 坂上
17日 7月 2018
 本当に暑い日が続いています。日本は熱帯になったかのようです。今の時期世界で気温が35度を超える都市はあまりありません。赤道近くのバンコク、インドのデリーでも35度を下回っています。広州、香港も同様です。私が若い頃は35度を超えることは珍しかったので大々的に報道されていて驚きとともに聞いていましたが、今は日本各地で記録するので驚きすら感じません。地球温暖化ならぬ『日本温暖化』になっています。これだけ警戒と予防を呼びかけても熱射病で亡くなる方が後を絶たないのは、過去の記憶から多少暑くても大丈夫という心理が働いているのではないでしょうか。個人的には日本の夏は熱帯並、いやそれ以上ではないかと感じています。皆さん、決して無理をせず身体を熱しすぎないように注意してください。

さらに表示する