15日 8月 2018
 今日は終戦記念日です。かの大戦を想うと暗くなるので笑える?話題にしました。今年も会社の夏休みを利用してタイのバンコクに行きました。バンコクは赤道の近くですから熱帯で年中暑い地域です。ところが今年の日本の猛暑を経験しているとバンコクの暑さが全く苦にならず、逆にそれほど暑くないと感じて思わず苦笑しました。連日35度以上で湿度も高い日本に対し、せいぜい33度くらいで湿度はそれほど高くないバンコクでは、暑さの感じ方が結構異なり、日陰では思わず「涼しい」と口走るほどでした。熱帯地方に『避暑』に来るとは思いもよりませんでした。やはり異常気象ですね。
14日 8月 2018
 文系人間の私にはさっぱりの分野ですが、かのスーパーコンピューターをはるかに凌駕し、コンピューターの歴史の転換期をもたらすものが『量子コンピューター』...
13日 8月 2018
 家族を持ってからは妻の懐妊中を除き、ほぼ毎年この時期は旅に出ています。お盆休みの最中ということもあり、実家がまだ北海道にあったころはよく里帰りしていました。子供が大きくなった後は国内より海外の方がずっと安価なこともあり、日常生活からの逃避と休息を兼ねて、そこでゆっくりと過ごしています。観光は一切せずに、早朝の散歩と筋トレ、朝食をはさんで未知なる場所の探検(10kmほど歩きます)、夕方にかけてはプールで泳いだり読書をして2時間ほどゆっくりします。夜は近くのレストランで食事をして7時にはホテルに戻り、部屋でお酒をたしなみつつ読書をします。最近は妻もお気に入りのバンコクで過ごすことがほとんどです。日本食が充実しているので和食党の私はとても助かっています。老後のことはあまり考えていませんが、異国の地や離島などで、有り余る時間を楽しんでみるのもありかなと考える今日この頃です。
12日 8月 2018
 今年は台風のあたり年なのでしょうか。この時期にこれほど多くの台風が日本に上陸して、わが国に未曽有の大被害をもたらしたことは記憶にありません。台風14号は沖縄地方を通過するだけで済みそうですが、先月末の11号や逆送12号に東日本を縦断した13号など、立て続けに上陸しています。元来台風シーズンは9月ですから、これも異常気象の一環なのでしょうか?通常の気象に戻ってほしいです。
11日 8月 2018
 今日は旧ソ連軍が日ソ中立協約を破って、一方的に宣戦布告をしてわが国を攻撃してきた日です。満州や樺太にいた多くの日本人が殺されたり、捕虜としてシベリアに連行されました。そしてその多くが劣悪な環境のために尊い命を亡くしたのです。決して許せないのは民間人を虐殺し、略奪・暴行を行ったことです。国際法を無視して、民間人の財産を略奪したりや殺傷したことは絶対 『忘れては行けない歴史』 です。アメリカ軍による東京大空襲と同様に許されざる犯罪です。毎年この日が来るたびに犠牲者に対する追悼の気持ちと旧ソ連に対する大きな怒りがこみ上げてきます。
10日 8月 2018
子供の頃、祖父母の元でお盆を過ごしている時、夕食時になると遠くの公園から盆踊りの音が聞こえてきていました。...
10日 8月 2018
 8/1にJTが全体の喫煙率がさらに下がり17.9%なったと発表されました。男性が27.8%、女性が8.7%で推定の喫煙人口が男性1406万人で女性が474万人とありました。ここ10年で全体7%、男性11%、女性3%も減少しています。1965年には男性は80%以上が喫煙していたのですから、いかに多くの人が禁煙したのかが分かります。私も喫煙を止めてから、もう30年以上がたちます。実質5年しか喫煙していないのに、止めて15年以上は喫煙する夢を見ていましたから、強い中毒性があるのでしょう。何にしても 『煙草は百害あって一利なし』 ですから、喫煙者の方には一刻も早い禁煙をお勧めします。
09日 8月 2018
小学生のとき、毎年のお盆の楽しみは花火でした。 親戚の叔父が帰省する時に、大量の花火をお土産に買ってきてくれるのでものすごく楽しみでした。 お盆中は、夕食が終わると早く花火やろうとワクワクしながら待っていたものです。 今、この花火セットをみると、あれ?意外に小さいんですよね。 子供の頃はものすごい花火セットに見えたのに…。...
09日 8月 2018
 第100回甲子園大会を記念して、かつて甲子園を沸かせたレジェンド達が始球式に登場しています。松井秀喜氏を皮切りに総勢18人が登場するのでとても楽しみです。決勝戦の始球式では1969年夏の決勝戦で延長18回引き分け再試合の死闘を演じた青森県三沢高校の太田幸司氏と、愛媛県の松山商業高校の井上明氏がダブル登板するとのこと。子供心に強烈な記憶として残っていますが、あれから49年の歳月が流れているのですね。夏の風物詩の一つですが、いつまでも私達に多くの感動を残してくれることでしょう。
09日 8月 2018
 8月は先週も綴ったように亡き父の命日であるとともに、原爆や旧ソ連の侵攻、ポツダム宣言受諾など敗戦(終戦)が連想され、少し暗い気持ちになります。今日は長崎に原爆が落とされた日です。多くの方が亡くなりました。個人的にはかの戦争で連合軍がこれだけ多くの一般人を犠牲にしたことは、明らかな国際法違反であり、もっと声高に非難されるべきだと感じていますが、戦後のGHQの占領政策の影響が強いのでしょう。我が国では自虐的な発言が多いのはとても残念です。私は決して戦争肯定論者ではありませんが、人類の歴史は戦争の歴史であることは事実です。一旦交戦すれば当事者も被害者も原則ないはずですが、数多くの戦争の中で、かの戦争だけが批判され、いつまでも謝り続けている我が国の姿勢に強く疑問を持ちます。間違った歴史観を教えられた子供達が、今や主流となっている現状では、もはやこの流れを覆すことは難しいのかもしれないのが悲しくて仕方ありません。

さらに表示する