日本では宮崎や沖縄が有名です。亜熱帯気候でないと生育しないので当然ですが、国内では高価でなかなか手が出ない果物です。しかしタイなどに行くと信じられないほど安価で食べられることを知りました。しかもとても美味しいのです。タイに行くたびにスーパーで買ってホテル内で食しています。バナナやパイナップルなどと同様、国内ではあまり目にできない果物を食することができるのが、海外旅行の楽しみの一つとなっています。ただし「ドリアン」はホテル内では禁止されています。臭いがきついため室内や冷蔵庫内に残るからだそうです。
 計画を立てることが苦手で、ましてそれをその通り実行することなど無理だと考える人が多いようです。私も確かに若い頃は難しかったですが、今は全く苦にしません。喜々として計画を立て、それを粛々と実行する自分がいます。しかし自分のことだけなら問題ありませんが、会社全体となると実行する人が自分以外にもいるわけですから、順調に進まなかったり、うまく行かないときもままあります。しかしそこでくじけず、絶対あきらめないという強い意志がある時は、それが周りに波及し、大体のことはうまく行くことを最近よく経験しています。やはりネヴァーギブアップが大切です。
中学3年生の皆さんは、今月来月で修学旅行に行く生徒さんが多いようです。昨年までは県内のバス旅行や、京都大阪奈良ではない別のエリアへの旅行に変更になっていたりしましたが、今年は京都奈良が中心ですね。 体育祭と同じく、だんだんといつも通りの修学旅行に戻っています。...
 沖縄地方が梅雨入りしました。これは例年通りですが、関東地方もここ数日梅雨のような日が続いています。雨模様の日が続き、湿度が高くジメジメとまさに梅雨です。すっきりとした五月晴れを期待していますので、このまま梅雨入りはご勘弁願いたいです。
本日、近隣中では体育祭が予定されていましたが、雨のため順延になってしまったそうです…。残念。...
 年齢は関係ないのかもしれませんが、私は「アナログ人間」の部類なので、『パスワード』などの設定や記憶が本当に面倒でたまりません。種類が多いため覚えきれず、なるべくメモするのですがそれをなくしたら終わりです。キャッシュカードから始まり、携帯電話の諸機能、銀行、証券会社、保険会社、旅行会社、ホテルなど多岐にまたがり要求してくるのでいったい何種類あるのかもわかりません。しかも年々複雑なものを要求してきますので対応が本当に大変です。勘弁してほしいです。
 活字離れが益々進んでいるようです。スマホの普及もあり、子供達は読書の習慣がつきずらい環境にあります。高校生でも『イソップ物語』や『グリム童話』すら知らない生徒が少なくありません。名作文学を全く読まないまま大人になっています。「読書は心のご飯」というフレーズは英語から来ているのですが、読書だけではなく新聞を取っていない家庭も多いため、活字を読むことに対する拒否反応が生まれているのではと心配です。心を豊かにするためには、読書を通じてさまざまな人の考え方や行動を知ることが重要なのにと感じるこの頃です。
 今日『看護の日』で国際ナースデイです。ナイチンゲールの誕生日に由来するため、ナイチンゲールの日とも言われます。私は年齢的には「看護婦さん」で看護師さんの時代ではありません。また子供の頃は皆さん頭にナースキャップを付けていましたが、今は衛生的な面と男女雇用均等の影響もあり、付けている人を見たことがないのがさみしいです。一昨年からのコロナ禍で大変な状況でも医療関係の方々の尽力があったからこそ、国を支えていただいたといっても過言ではありません。そのような意味でも、今日を医療関係の方々への感謝の日としたいと思います。
 今回ご紹介するのは愛媛県にある宇和島城です。城作りの名将藤堂高虎が気築かせた城で、現在みられる天守は伊達政宗の庶長子である伊達宗純を祖とする宇和島伊達家により建築されています。もともと西側半分が海に接している三大海城の一つでしたが、現在は堀も海も埋め立てられ当時の面影は失われています。明治以降は大半の建物が撤去され、今は天守と立ち門、石垣などが現存し、城山公園として整備されています。
 最近の個性教育や個性を重視してきたツケかもしれません。現在自分のミスにより周りに多大な迷惑をかけていることは棚に上げて、過去に自分がしてきた貢献、またはされた理不尽さを持ち出してきて、現状の自分の失態を「仕方のないこと」だと主張する大人が多くなりました。残念ながら弊社にも結構います。「お母さんだって○○したことあるじゃない」と自分を擁護する子供と同じです。汚い例えで申し訳ありませんが、まさに「味噌も糞も一緒」です。全く関連性がなくても自分を擁護する材料にする。このような人は自分がしてきたことや、されたことを針小棒大に言います。圧倒的に自分のミスの方が多いのにもかかわらずです。まあ仕事ができない人の言い訳にすぎませんが、非常に腹立たしく、レベルの低さに疲れます。

さらに表示する