超本格的!地熱発電

日本国内の全発電量に占める地熱発電の割合はわずか0.25%です。この地味な地熱発電。なぜイマイチ流行らないかといえば、「岩の熱伝導率の低さ」「効率の低さ」「掘削のコスト」などがあります。火山が多い日本でさえ地熱発電は1パーセントの半分にも満たない発電量なのです。

この地熱発電を、超本格的に稼働させようとする研究が進んでいます。アメリカで、信じられないほどの深い穴を掘り、テラワット級のエネルギーを地熱から得る計画を立てているのです。約20kmの穴を掘ると穴の底では岩盤の温度が約500度に達するため、ポンプで送った液体を地熱で蒸気などに変換して、発電に利用するのです。もはやこのレベルだと火山国かどうかなど関係なくなっています!この地熱発電で、世界のエネルギー供給量の8.3%をまかなうことで、世界人口の17%が生活することができると試算しています!

大山