スタッフBlog


NPSスタッフによるブログです。


テレビの力

友人から連絡をもらって初めて知ったのですが、弊社の富里校舎が「プレバト」という番組でテレビに映ったそうです!すごい!私も長期休暇のときは、時間があえば見ている番組です。俳句コーナーの夏井いつき先生の査定が容赦なくて素敵。

 

富里校舎が映ったのは、図書館前の歩行者専用通路壁面に芸能人の方たちがスプレーアートして競うというコーナー。富里校舎は図書館のすぐそばです。背景でちょくちょく映っていた様子。富里校舎には、近くの中学に通う生徒さんもたくさん来てくださっています。インタビュー受けた子もいるのかな?校舎スタッフから、色々お話聞くのが楽しみです。

 

そして、そのテレビに反応して連絡くれた友人にもありがとう!何回か、もうテレビの時代は終わりに来ていて、インターネット等の配信が主流になるかも、なんて話もしましたが、こうして全国放送になったときの影響力はまだ健在ですね。

 

 

夏期講習

今日から夏期講習が始まっています。今日も、この夏の勉強をどうしようか、という保護者様からのお問い合わせを承りました。どうもありがとうございます。学校でもちょうど面談シーズンのようで、今から塾を探されるかたもいらっしゃいます。

 

NPSでは、夏期講習中も体験授業を承っております。講習期間中は、すでに時間割が入っている関係で、日程の確定にいつもよりお時間いただく場合がございますが、可能な限りご希望に添えるように調整いたします。お気軽にお近くの校舎までご相談下さい!

 

 

レンタルビデオ

大手のTUTAYAさんがレンタル事業から撤退するという報道を見ました。そもそもビデオという言葉自体がもう化石ですよね…。いまやDVD、Blu-rayしかおいて置いてありません。あ、あとはCDもですね。

 

小さい頃、番組改編期とかで、面白いテレビ番組がないと、親が姉妹で1本ずつビデオを借りてくれることがあり、すごく楽しみにしていたことを思い出しました。ドラえもんの映画とか、スタジオジブリの作品とか借りていました。

あっというまにそれがDVDになり、いまや見たい番組はネットで見るという時代…。レンタルする必要がない、ということですよね…。

 

SDGs

SDGs、ここ何年かよく聞くようになりました。いわゆる、持続可能な開発目標のことですね。

今日、夏休みの学校の宿題で何が出ているかという話を聞いたところ、社会の宿題でSDGsについて調べてレポートしなさいという宿題が出ている中学校がありました。

 

SDGsは17の目標と169のターゲットからなります。

 

「貧困をなくそう」とか、「気候変動に具体的な対策を」「安全な水とトイレを世界中に」などが17の目標。

 

ターゲットは、たとえば「貧困をなくそう」だったら「2030年までに貧困状態にあるすべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる」などが定められています。これらのターゲットは17の目標それぞれに決まっています。

 

日本ももちろん、この実現に向かって動いている最中です。スーパー、コンビニ等のポリ袋の有料化もこの動きの一環と言えるでしょう。そろそろ慣れてきて、かばんや車に常にエコバックを入れておくようになりました。

今年度、中学校の教科書が改定になっていますが、このSDGsがさらに明確に打ち出されているなと感じます。

 

就職活動で、こうした取り組みを積極的に行ってきた生徒が採用対象になったり、個人や企業が何か製品を選ぶ際に、価格や納期、性能だけでなくこういった目標に向かって努力している会社が選ばれるようになるなど、少しずつ社会も変わってきています。

 

まずは、出来ることから。

 

プール

連日、うだるような暑さで、梅雨明けを実感しています。

生徒さんと話をする中で、この時期はプールの話が出てきます。小学生の生徒さんは楽しみにしているようで、「明日はプールなんだ!」と教えてくれる子もいて、微笑ましいです。

 

昨年はコロナの影響で、プール授業はほぼ中止。今年も、学校によって、プール授業があるところと無いところに分かれている様子です。もちろん、地域ごとに感染状況は違うので仕方ない側面もあると思いますが、2年間プール授業なしはスイミングをやっている子では無い限り大きな差になるだろうなと感じています。

 

ふと、昨年のニュースを思い出しました。昨年11月、修学旅行中の小学生が乗る船が瀬戸内海で沈没。しかし、小学生は全員無事に助かったというニュースです。全員分のライフジャケットがきちんとあったことや、水温がそこまで低くなかったことも要因だったと思いますが、小学生たちは全員励まし合いながら落ち着いて行動して救助されたと見ました。怖かったろうに、偉いです。小学校の水泳の授業では、着衣水泳の授業も行われているそうです。こうした授業も役に立ったのかもしれません。

川や海、池といった水場での事故のニュース、毎年必ず報道されていますね。暑いので、涼しい水場で遊びたい気持ちもわかりますが、水の事故には気をつけてほしいです。

 

 

接種券

ついにワクチン接種券が届きました!

中を見ると、予約の手順や持ち物なども書いてありました。早速予約を…と思いましたが、調べたところ、住んでいるエリアは、予約開始日未定でした…。なんと…。都内の大規模接種会場は県外でも接種券があれば接種可能と報道で知っていたので調べましたがこちらは予約停止中とのこと。せっかく接種券が届いても、まだまだ実際の接種は先になりそう。

なんとかお盆前にはと思っていましたが、厳しい。

 

そういえば、先日ブログに書いた病院では、ワクチン接種を終えた方たちが経過観察のために廊下の椅子に並んで座っていらっしゃいました。その一方で、診察室のほうからは「まずは濃厚接触者担ったという報告を職場に…」という電話での会話も聞こえてきました。

 

ワクチンの接種は確かに広がっていますが、その一方で感染の拡大も実感する出来事でした。

暑い

梅雨明けして本格的な夏が到来、という一日でした。とにかく暑かったです。

生徒さんはこの暑さで体調を崩したり、熱中症になったりしているようで心配です。

学校によっては、9月、10月に延期になっている体育祭や宿泊学習、修学旅行の準備が少しずつ始まっているようです。

修学旅行の行き先や、そこでやることなど、いろいろお話楽しく聞かせてもらっています。

 

千葉も引き続き感染が増えていますし、なんとか秋には落ち着いて無事に行けると良いです。

都内では緊急事態宣言も出て、千葉県でも、地域によってはまん延防止等重点措置の延長措置が取られています。19日からは八千代市や鎌ケ谷市も加わるそうです。緊急事態宣言に移行する可能性もあるとの報道も見かけました。

本当に、早くおさまってほしい・・・

 

共通の話題

先日病院で採血する機会がありました。「血管が出にくい」とよく言われ、ゴムで縛って手を握って、ぺちぺち腕を叩かれてようやく採血が出来るのがいつものことで、下手をすると「足りなかったのでもう片方良いですか」と両腕から抜かれたこともあります。でも、今回はすごく上手な看護師さんでした。「いつもいっぱい叩かれます」と言ったら、あれはあんまり効果があるという証拠が無いんだそうです。し、知らなかった…。

 

採血の間、その看護師さんが身につけていたキーホルダーで、私が好きな番組のファンだと分かり、思わず「私もファンです」と話かけました。共通の話題が見つかると、話がしやすいし、一気に親近感が湧きますね。安静にしている時間中、ずっといろいろ話しかけてくださってちょっと楽になりました。有り難かったです。

 

いつも生徒さんと話をするときには、好きなものや好きなことなどたくさん聞いて、出来るだけ共通の話題が無いか探しますし、詳しくないことはどんどん教えてもらうようにしています。学校のこと、部活のこと、趣味のこと。いろいろ話すの楽しいです。もうすぐ夏休み。なかなか外に遊びに行けない日々が続きますが、どんなふうに過ごすのか、また聞いていきたいです。

 

 

同じ本

休憩時間中の生徒さんが読書をしていて、何を読んでるか聞いたら私も大好きな作家さんの本でした。

これは嬉しい…!好きなところや感想などで盛り上がりました。

 

大学のサークルの仲良くなった人たちが、びっくりするくらい同じ本を読んできた人たちだと分かって、驚いたこともあります。何か「共通点」を見つけると、さらに仲良くなれたりしますよね。今でも、共通して読んでいる本などの話で盛り上がったり、おすすめを教え合ったりしています。

 

 

最近、読書に関して、「月に何冊読んだか」とか、新しく読んだ本の冊数が多いほど凄いという風潮はどうなのか、と問題提起する記事を読みました。確かに。今日話をしていた生徒さんは3周目とのこと。好きな本だとそうなりますよね。分かります。

 

新しい本を読むのもいいですが、好きな本を何回も読み返したりするのも好きです。たまに開くと、また新しい発見があったり、新鮮に感動出来たり、という楽しさがあります。

 

最も、最近は本屋さんも図書館も行けていないので、そもそも新刊を見ていないのですが…。

お盆まで我慢。

 

 

 

オンライン修学旅行

今日、生徒さんが9月に延期になった修学旅行の話をしていました。今の所、目的地は京都で、移動はすべてタクシーか徒歩。時間も例年より2時間短縮されての自由行動とのこと。

 

そんな中、表題のニュースを見ました。中学校、小学校によっては、オンライン修学旅行なるものが行われたそうで、生徒さんが教室の座席に座り、パンフレットらしきものを手に、スクリーンを見て、「オンライン修学旅行」…。ちょっと、これはさすがにどうなのかなと思ってしまいました。もちろん、この状況下で仕方のない側面もあったろうと推察しますが。

 

このコロナ禍で、いろいろなものがオンラインで出来るようになっていて、ビジネスだけで無く、エンタメ分野で例えばライブの配信なども急速に増えました。

オンラインでの旅行もあるそうで、現地でガイドさんが色々案内してくれたり、こちらから質問できたり、あるいはその土地の名産品が事前に送られてきていて、指定のタイミングで開封したり、調理したりして楽しめるのだそうです。

これはこれとして楽しそうなのですが、流石に修学旅行がオンラインとは…。せめて近場の観光地とか、今流行のキャンプとか…せめて、どこかにでかけて楽しめるイベントであってほしいなと思います。

 

修学旅行に参加された生徒さんの話を、いままでたくさん聞いてきましたが、「どこが楽しかった?」と聞くと、ものすごい割合で「旅館」や「ホテル」というお返事が返ってきます。

普段、普通なら一緒に過ごすことの無い時間を、友達と共有できる、特別な空間なんだと思います。

 

私も高校の合宿は学校だったんですが、自分たちでご飯を作ったり、みんなで雑魚寝したの、今でも良く覚えています。

大学の合宿は、回数があり過ぎてだいぶ感覚が麻痺していましたが、それでも楽しい思い出です。

 

生徒さんたちが出来るだけ楽しく、素敵な時間を過ごせますようにと願っています。

 

大気の状態不安定

朝は晴れていたのに、夕方、急に曇ってきて土砂降りの雨と、雷、そして雹(だったとおもう)が降ってきました。あわててスマホを見たら竜巻注意報も出ていました。最終的に一瞬夕焼けも見えたくらいには晴れたのですが、びっくりしました。

今日は部活で外にいた生徒さんも多かったと思います。風邪など引かないように気をつけてもらいたいところです。

 

先日から日本各地で大雨が続いています。避難指示もたくさん出ています。被害がこれ以上広がらないように祈るばかり。

 

九州南部では梅雨明けしたそうです。この雨がおさまったら本格的な夏かなぁ。

 

削らずに歯を直す方法が発見された!

歯のエナメル質を再生する方法が発見されました!

 

歯のエナメル質は、歯が生えてくる前にエナメル芽細胞によって作られます。でも歯がきちんとはえてしまうと、エネメル芽細胞は死んでしまうため、虫歯になった歯は二度と自然には元に戻らなくなります。ところが、エナメル芽細胞が作り出す物質と同じ働きをする物質を人工的に合成し虫歯に塗布したところ、虫歯になったエナメルに新しいエナメル質ができ、しかももともとあった深い部分のエナメル質と融合したのだそうです!

しかも、この物質を含んだ歯磨き粉を毎日使うことで、虫歯予防とちょっとした虫歯が自然に治ってしまうかもしれないのです!すごい!すごすぎます!早く実用化してほしい技術です!

大山

冷凍動物園

サンディエゴ動物園保全研究所は世界最大の冷凍動物園です。絶滅危惧種だけでなくさまざまな生き物の細胞を培養し、マイナス196度で冷凍保存しています。遺伝子技術を使ってこれらの細胞から絶滅した動物を復活させるという夢のような目標を掲げ、そして技術の進歩によりそれが実現できる直前なのです!動物の皮膚細胞を培養し「iPS細胞」をつくります。この「iPS細胞」から精子と卵をつくり出すことに成功すれば絶滅種や絶滅危惧種を復活させることができます。

 

現在、研究所では、キタシロサイの皮膚組織から精子と卵を作り出そうとしています。キタシロサイは現在、メスが2頭生き残っているだけなのでこのままでは確実に絶滅してしまう種です。遺伝子技術は倫理的か面からもいろいろ批判や危惧を唱えられることがあります。でもそれ以上の成果もある分野だと思います。私はこのプロジェクトが成功してほしいと思っています。

大山

人間の本来の寿命は38歳

DNAを解析することで動物の寿命を推定する方法があり、そこから推測される人間の寿命は38年程度です。

これは野生動物の管理や保全のために続けられてきた技術です。例えば、絶滅危惧種を存続させるために必要な個体数を推測したり、水漁業では漁獲量の制限を定めるときに、種本来の寿命がどの程度かが分かると具体的な数値をもとに対策が打てるようになることが期待されます。

 

この技術を使えば、人間よりずっと長生きする動物や絶滅してしまった動物の寿命を推定することまで可能になります。

現在、世界で最も長生きすると考えられている哺乳類はホッキョククジラです。推定寿命は268年。絶滅したマンモスの寿命は60年。絶滅したピンタゾウガメは120年。ネアンデルタール人は37.8年。私たち人間の寿命が38年。でも医学と生活環境のおかげで2倍以上も生きることができているのだそうです。

 

大山

遺伝子組み換え作物②

 オーストラリアで遺伝子組み換え作物が解禁されました。遺伝子組み換え作物にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

①殺虫遺伝子が改変されていて普通のものよりも害虫に強い。このため殺虫剤の量を減らすことができる。

②遺伝子組み換えをしたベニバナはオレイン酸の量が増えていて、石油に代わる再生可能な資源になる。

私たちは、遺伝子組み換え作物というと、収穫量が増えたり、おいしい作物ができるんじゃないかという期待と、得体のしれない不安の両方を感じます。調べれば不安をはるかに上回るメリットがあることがわかります。正体のわからない新技術を怖がるだけでなくもっと積極的に知ることが大切なんじゃないかと考えます。

大山

 

遺伝子組み換え作物解禁!

オーストラリアで、7月1日に遺伝子組み換え作物が解禁されました。

作物に遺伝子組換え技術を使って、雑草や害虫に強くしたり、生産量を増やしたりすることが可能になります。その反面、人体や自然環境に思わぬ影響を与える懸念もあります。例えば、遺伝子組み換え作物の影響で、従来の除草剤が効かない雑草が出てくるかもしれないし、人間には新しいアレルギー反応を与える物質が出てくるかもしれない…などなどです。

それでも、遺伝子組み換え作物の導入によって、農業の競争力と生産性が向上することのメリットを選んだという事なのでしょう。試算によると、これからの10年で約4000億円の利益が出ると推測されています。

 

大山

米軍で老化防止薬の治験開始

「アメリカ特殊作戦軍」が来年にも老化防止(アンチエイジング)薬の治験を開始するというニュースが飛び込んできました!そうだ。老化によって衰えてしまう兵士の能力を維持するために開発された薬のようです。この薬は、スーパーマンのようにパワーを倍増させるものではなく、老化によって次第に衰えていく能力を維持するためのものです。

さらに、兵士だけでなく民間人もさまざまな用途に使うことができます!持久力がついたり、ケガをした時の回復力がアップしたりできるそうです。

大山

心のタイムトラベルの神秘

私たちは思い出を普通に思い出すことができて、そのことを不思議に思う人はいないでしょう。

ちょっと昔の記憶でも、出来事がおきたスタートから最後の結末まで「順を追って」思い出せます。記憶があいまいだったとしても順番がぐちゃぐちゃになることはありません。こうした時系列にそった記憶は当たり前と思われますが、なぜこのようにきちんと順を追って記憶できるのか、仕組みはまだ解明されていないのです!この仕組みが解明されたら、私たちの記憶の仕方にもいろいろ役立つ手法が見つけ出されるかもしれません。勉強にも役に立つ発見がされたらうれしいですね。

大山

培養肉製造工場!

イスラエルに培養肉の製造工場がオープンするというニュースが飛び込んできました!

ある研究機関によると、2040年には世界の肉の60%が人工肉に置き換わると予測されているようです。イスラエルの培養肉製造工場は、動物から採取した細胞を培養して作る仕組みで、1日に500キロの培養肉を生産することができるそうです。ハンバーガー換算すると5000個になります!

環境にも優しく、これまでの食肉生産に比べると、

 二酸化炭素排出量が80%減!

 使用する土地が99%減!

 消費する水が96%減!

しかも

 遺伝子組み替え技術を使わずに済む

 生産速度が従来の20倍!

 鶏肉・豚肉・牛肉・ラム肉の生産ができる!

私たちの未来がどう変わっていくのか楽しみです!

大山

ここ2日間雨が降り続いています。

なぜこれだけ科学が発達したのに雨を防ぐ方法が傘しかないのか不思議です。何千年も昔からなぜ傘しかないのか?もっと別の雨を防ぐ方法が出てきてほしいものですね。

大山

エアコンの設定温度

今年の夏は猛暑が予想されています。

こんな夏を快適に過ごすためのエアコンの上手な使い方を紹介します

 

◆エアコンは「つけっぱなし」がベスト◆

エアコンメーカの行った実験では「換気の度にエアコンの電源を小まめにオン・オフ」するよりも、『エアコンをつけっぱなし』にした方が、電気代が1日で約45.7円安くなることが分かったそうです。1か月の電気代に換算すると1370円の節約になります。コロナで室内のまめな換気をすることになる夏ですが、換気の時もエアコンはつけっぱなしの方が消費電力を抑えられるんですね。

 

大山

新種のゴキブリ

沖縄県宮古島で新種のゴキブリが発見されたのが6月29日。国内では35年ぶりの出来事です。ゴキブリというとみなさん大っ嫌いな人ばかりかと思います。私も嫌いです。今回発見された新種のゴキブリは、森の中で枯れ木や落ち葉をエサにしていて、食物連鎖の中では、分解者のひとつ手前の、有機物を細かくするはたらきを担っているポジションに相当するそうです。ちなみに名前は「ベニエリルリゴキブリ」と名付けられました。

大山

タスマニアデビルを救ったらペンギン全滅

オーストラリアで最近起きたことです。

タスマニアデビルに伝染性の病気が流行ったため、感染が広がることを防ぐために群れごと島に保護しました。タスマニアデビルが保護された島にはもともとペンギンが生息していましたが、新しく移住してきたタスマニアデビルのためにペンギンがほぼ絶滅してしまったのです。ある生物を保護したがために別の種が絶滅するという自然界のバランスの難しさを考えさせられるニュースです。それからもうひとつ、タスマニアデビルを一時期絶滅の危機にまで追い詰めた病気というのが、伝染性のガンです。ガンが伝染するという事にも非常に驚かされたニュースでした。

大山

運転について

 千葉県八街市で、トラックが小学生の列に突っ込んだという事故がありました。死傷者が5人でたそうです。事故が起こった場所は、荒い運転をする人が多く、いつ事故が起こってもおかしくない場所だったとのこと。私も通勤に車を使っています。車の運転については、以前は急いでいるとつい荒い運転になってしまうこともありました。最近では、少し余裕を持って家を出るようにしています。事故を起こさない為にも、日々余裕を持って行動をすることを心がけていきたいですね。

 

押尾

超低山について

 先日テレビを見ていたら、東京にある飛鳥山について特集がされていました。標高が25,4mで、超低山です。2分モノレールに乗り、少し歩けば頂上につけるそうです。私はいつか山登りをして自然の景色を満喫したいのですが、体力には自信がないので、こういった超低山から始めてみるといいのかと思いました。

さらに飛鳥山には渋沢記念館があります。その中で、自分の顔が載った1万円札が印刷できるようです。コロナが収束したら、行ってみたい場所が増えました。

 

押尾

眠気の取れる方法

 コロナ感染はまだ続いていますが、去年よりは部活動の活動は活発に行われています。生徒さんの中にも、夏時間となり、部活の時間も長くなり、眠そうになりながら塾に来る生徒さんもいます。たまに眠気を取るにはどうしたらいいですかと質問を受けることもあります。
いろいろ調べてみたところ、どのサイトにも書かれていたことが「少しの間仮眠する」でした。少しの間とは10~15分程度だそうです。子どもの頃は15分後に起きることはなかなか難しかったのですが、、今度生徒さんにも伝えていきます。
押尾

紙幣の人物について

今週のニュースで新しい500円硬貨が作られ始めたとありました。

また紙幣も2024年ころに新紙幣に変わります。紙幣には人物が掲載されますが、その人物はどのように決まっているのでしょうか。

気になったので調べてみると、

①ひげやしわのある人

➁文化人であること

③既に亡くなっていること

 

①はどうやら偽造されないようにするためだそうです。その関係で紙幣の掲載の顔は男性が多いようです。

納得しました。

 

押尾

洗濯で困ること、、

この時期は洗濯物を中に干すことも多いです。そうすると、洗濯物の生乾きの臭いがしてしまうことも、、、

本日の情報番組でやっていたのですが、生乾きの原因菌は「モラクセラ菌」というそうです。天日干しをしてもこの臭いはとれるものではないそうです。

対策としては、

①湿ったり汚れた洗濯物をため込まない

➁裏返しにして洗濯し、裏返しのまま干す

③部屋干しするなら、部屋の真ん中に干す

 

①と③は難しそうなので、②は実践しようかと思います。

 

押尾

食べ物について

 NPSでは生徒さんの誕生日にケーキをあげてお祝いしている校舎もあります。私の校舎でも本日ケーキを1人の生徒にあげました。

その一環で、生徒に好きなケーキの種類を聞いたのですが、中にはケーキは好きじゃないからお菓子のほうがいいという生徒さんもいました。少なくとも3人はいます。

勝手にケーキは皆が好きなイメージだったので、意外に思いました。そういった生徒さんにはしょっぱい味のお菓子をあげてお祝いします。やはり好きなものをあげて喜んでもらいたいので、、、

 

押尾

梅雨入り

今週の月曜日、気象庁は「関東甲信地方が梅雨入りしたと見られる」と発表。ここ10年で最も遅い梅雨入りだったそうです。ここしばらく、雨も多くじめじめしていました。梅雨明けは例年ですと7月下旬とのこと。しばらく雨の多い時期が続きます。

 

梅雨といえば紫陽花。好きな花なので、ちょっと足を伸ばして、紫陽花で有名な「本土寺」に見学に行ったこともあります。

Instagram等SNSで知ったのですが、最近ではカラフルな紫陽花を手水鉢に浮かべる「花手水」を行っている神社仏閣も多いようです(私が今まで知らなかっただけかもしれないです)。写真で見て綺麗だな~と思うだけで実際に見にいったことは無いのですが、涼しげでとても素敵です。自分が機会があればぜひ。

 

さて、校舎では中学生の皆さんが定期テスト勉強真っ只中。あと少し!いい結果を残せるように頑張りましょう。

これが終わると今度は高校生。怒涛のテストラッシュで気づくともう夏期講習です。

各校舎でキャンペーンも実施中。

お気軽にお問い合わせ下さい。

避難指示

先月の20日から、非常時の警戒レベルで「避難勧告」が廃止され、「避難指示」で統一されています。

コンビニで買い物をしていたらレジの液晶画面で表示されていて、こんな告知方法もあるのか、と思いました。避難勧告廃止のニュースは知っていましたが、もうはじまっていたんですね。

「避難指示で必ず避難」「避難勧告は廃止」と表示されていました

 

従来の警戒レベルでは、警戒レベル3に「避難準備」と「高齢者等避難開始」、レベル4に「避難指示」「避難勧告」があり、これはたしかに分かりにくかったですね。「避難勧告」だからまだ大丈夫だろう、と思っていて避難出来なくなるケースもあったといいます。たとえ空振りに終わっても、最大級の警戒をしておくべきなので、今回の改定は良かったのかなと思います。

 

今日も朝から雨が降っています。このままひどくならなければ良いです。

 

都道府県

今日、小学生の国語の授業をしていたら、各都道府県の漢字が一斉に出てきて、なんだかはっとさせられました。

最初は自分の住んでいる地区、市、県だけだったのが、他の県、日本全国、そして世界…とだんだん世界が広がっていく、その過程を身近に見た感じです。

 

もちろん、はじめは行ったことのある場所、県しかわからないですよね。私も、千葉県の地理は車を運転するようになってだいぶわかるようになりました。都道府県は、行ったところも行ったことのない場所も、観光名所や、有名な食べものとセットで覚えるようにしています。都道府県制覇はまだまだ先…。

ワクチン接種もまだまだのようですし、オリンピックもありますし、外出自粛がとけるのはまだまだ先になりそうですね。はやくあちこち旅行に行けるようになりたいものです。

 

熱中症

先週一週間に熱中症で救急搬送された人は、前週の約3倍に増えていたという報道を見ました。急に暑くなりましたので、納得、担当校舎の生徒さんの中には体育祭が行われた中学校もあったようで、みんなヘロヘロでした。お疲れ様!

 

ところで熱中症って私が小さいころにはあまり聞かなかった言葉のような気がします。

調べてみたら、この用語が使われだしたのは2000年以降とのこと。なるほど。そういえば昔は「日射病」とか「熱射病」と言っていました。

 

近年の熱中症は圧倒的に高齢者が多いのだそうです。エアコン等の使用を疎んじて、室内でかかる人も多いと聞きます。近年、外国籍の方も多くいらっしゃいますが、たとえどんなに平均気温の高い国から来た人でも、日本の蒸し暑さでやはり熱中症になる場合もあるそうです。

 

個人的には冷房が効きすぎた場所にいると頭痛がしたり、冷えがつらいこともあるのでキツいです。体温調節出来る、羽織れるものを持って行ったり、車には年中ひざ掛けを積んであります。

冷房も適切に利用しながら夏を乗り切りたいところ。

 

…このコロナと炎天下でオリンピック…。大変です。

 

 

宅配サービス

先日、成田でも某食事宅配サービス最中の自転車やバイクを見かけて「おお、ついに」と思いました。交通マナーの悪さも報道されていたりしますが(都内で出会ったときは人混みを自転車で移動していて正直危ないと思いました)、外食の自粛ムードが続いていて、会食もなかなか出来ない中、お店側にとっても、サービスを受ける方にとっても、魅力的なサービスだなと思っています。調べたら、成田でもたくさんのお店が登録されていて驚きました。

使ったことのある友人によると、だれが、今どこにいてどの道で届けてくれている最中かも分かるんだそうで…。うーん、すごい。私は自分で取りに行くほうが好きかな…。使ったことないですが、今後、機会があれば試してみたいです。

 

入試総括

先日、千葉県の入試結果の説明会に参加してきました。例年ですと、5月末には入試平均点等出ているのですが、今年はまだ。気になるところです。どうやら教育委員会からの発表は6月末になるとのこと。分かり次第ホームページでも発表するべく準備中です。もうしばらくお待ち下さい!

 

印象的だったのが、やはり、私立高校の人気上昇です。公立高校第一志願者は約3%減少しており、その分私立第一志願者が増加しているとのこと。公立がだめだったときの滑り止め、ではなくなっています。

もちろん、入試制度の変更も大きく影響しているとは思いますが、この傾向はまだ続きそうです。

 

制服もかわいい、施設も綺麗で充実、となると、やっぱり私立高校に魅力を感じてしまいますよね。

それでも千葉県の公立志願者は全体の約70%!まだまだ公立のほうが人気なのは間違い無いです。

 

入試対策は中1から!通知表の評定は当日の学力試験の点数に加算されます。しっかり対策していきましょう。

現在NPS各校舎では定期テスト対策実施中。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

クジラに飲み込まれて生還

クジラに飲み込まれたが生還できたというニュースが流れています!

6月11日、アメリカの漁師がザトウクジラにのみ込まれた後、なんと生還しました。ピノキオの物語のような話です。クジラの口の中に30~40秒ほど入っていた後、水面に上がったタイミングで吐き出されたというのです。さすがに胃の中で、ランプを灯して、木の机で読書をしながら、魚を釣って生活をしていたのではないのですが、すごい体験をした人がいるんですね。

大山

ランドセルの色ランキング

最近のランドセルはいろいろなカラーバリエーションがあります。私が小学生の時は、男子は黒、女子は赤。これが定番だったのに、今のパステルカラーのランドセルまで見かけます。2021年のランドセルの色ランキングが発表されました。

 

女の子ランキング

 1位 「紫・薄紫」(21.5%)

 2位 「赤」(21.1%)

 3位 「桃(ローズ)」(19.3%)

 

男の子ランキング

 1位 「黒」(61.2%)

 2位 「紺」(16.9%)

 3位 「青」(10.6%)

 

女の子のランドセルの色1位が紫(薄紫)というのがびっくりしました!

みんなラプンツェルをめざしているのかな?

大山

JR回数券廃止

JRが一部の回数券廃止を打ち出したというニュースを見ました。

このニュースに最も影響を受けているのがなんとチケットショップなのだそうです。回数券の売り上げが、チケットショップの売り上げの3~4割になっているのが理由のようで、回数券廃止の廃止を要望しているというものでした。

仕事上、鉄道を利用することがほとんどなく、チケットショップで新幹線の切符が売られているのを見たのも1度くらいしかなかったので、回数券者廃止がこんなに大事になることに驚いたニュースでした。

大山

火星にスイカの雨が降った

アメリカのニュース番組で、

火星にスイカの雨が降った!というニュースが流れたそうです。もちろんジョークだと思いますが、このニュースを聞いた人たちが喜んで大騒ぎになりました。「スイカの雨に降られてみたい!」とかいろいろなコメントも乱れ飛んでいます。最近コロナ関連の暗いニュースばかりなので、嘘と分かっていてもこんなニュースが流れてくるとホッとしてしまう気分になります。

大山

タンピン主義ってなんだ?

タンピン主義という言葉が中国の若者の間で広がっているというニュースを知りました。中国語で「横たわる」という意味のようで、「あえて頑張らない生活」として使われています。中国では、一生懸命に働き裕福な家庭を築くことを目標とする一方で、低賃金や過酷な勤務が社会問題化し、出世や結婚などに関心を持たない人が増える結果につながっているそうです。

仕事など様々なプレッシャーから逃げ、何もしないで「横たわっている」姿こそが人間の正しい生き方と考える若者は、

「タンピンさえしていれば資本家から搾取されない」

「タンピンは非暴力・非協力運動だ」

と、一種の悟りの境地に達しています。

でも結局は現実からの逃避にすぎないと思います。「横たわっている」限り自分は何も変わらないですし現状は悪いままです。自分の置かれたつらい環境を見たくない気持ちもわかりますが、自分を助けてくれるのは自分だけです。自分から行動しない限り人生は切り開けないと私は思います。

大山

AI搭載の無人機

今日のニュースによると、防衛省が航空自衛隊F2戦闘機の後継となる次期戦闘機の配備に合わせ、戦闘機と連携して運用する無人機の導入をする。自律飛行のための人工知能(AI)を装備し、2035年頃の配備を目指すそうです。人工知能の躍進が凄まじい勢いです。工場のロボットだけでなく、私達が日常に使う画像ソフトの自動編集など、気づけばAIが活躍しているものが日常にあふれています。いつのまにか身近なところに人工知能が搭載されていることに技術の秘密裏の進歩を感じます。

大山

コロナ対策の巻き添えでインフルエンザ絶滅!

コロナへの対策が徹底された巻き添えで、インフルエンザの症例が激減していることが報告されたというニュースが流れています。インフルエンザのいろいろな型のうち2種類について1年以上発症の報告がなく、絶滅した可能性があるそうです。インフルエンザが完全に消滅したわけではないのですが、たしかに昨年の冬はインフルエンザにかかった人が全然いなかった記憶があります。マスク、手洗い、うがい、換気…これらをしっかりしていればインフルエンザにはかからないものなのですね。また、コロナによって人の移動が抑えられたため、インフルエンザウイルスが北半球と南半球を乾燥する冬を求めて交互に移動できなくなったのも大きな原因なのかもしれません。

大山

私の好きなミステリー(その4)

 私の好きなミステリーに、「謎解きはディナーの後で」があります。以前、テレビドラマ化されていました。財閥の令嬢が刑事だが、事件は執事が解決しているというものです。その執事が令嬢に言う毒舌と、

令嬢の上司の刑事が好きでした。今度、新刊が単行本ででたので、ドラマ化されないかと思っています。

押尾

私の好きなミステリー(その3)

 私の好きなミステリーの1つに、「名探偵コナン」があります。映画も毎年のように公開されていて、興行収入も2年前の作品は93億円だそうです。人気はすごいですね。 

 単行本もなんと99巻まで出ています。ただ私は確か50巻くらいで止まっています。テレビアニメは見るとやはり面白いので、時間があるときに読みたいと思います。主人公のコナンがどうやって元の高校生の姿に戻るのか気になるので。。

 

押尾

私の好きなミステリーについて(その2)

 私が好きなミステリーシリーズの1つに探偵エルキュール・ポアロシリーズがあります。母が読んでいた影響で、私も読むようになりました。

 エルキュール・ポアロはベルギー人で、卵型の頭、立派な口ひげと少し癖のある探偵です。日本でも時々、ドラマ化されますが、トレードマークの口ひげは再現されています。またテレビドラマは、日本が舞台になっていますが、本とは雰囲気が違っていて、それもまた面白いと思っています。またドラマ化されるのが楽しみです。

 

押尾

私の好きなミステリーについて(その1)

 先週のニュースで、俳優の田村正和さんが亡くなっていたと知りました。

 私や家族は探偵や刑事ドラマは好きでした。ですから、田村正和さんが主演の「古畑任三郎」は好きで、再放送も見ていました。ですからとても驚きましたし、残念でした。

 また再放送があるので、楽しみにしようと思います。

 

 押尾

ゲリラ豪雨

今日は夏の始まりのような晴れた一日でしたが、先程から前触れなしに豪雨が…。外に出るのを躊躇うほどの勢いなので待機中です。天気予報にも無かった気がしますが…ゲリラ豪雨でした。

「ゲリラ豪雨」という言葉は2008年に流行語大賞に選出されたそうで、正式な気象用語ではないそうです。突然発生する、予測困難な集中豪雨のことを指しますが、天気予報なニュースでは「集中豪雨」とか「局地的大雨」などど呼ばれるとか。

ここ10年の発生回数は、約30年前と比較すると1.5倍ほどに増えているのだそうです。

何でもかんでも異常気象とくくってしまうのもどうかと思いますが、間違いなく昔とは違う気候になっています。

サイクロン

インドでは先日大きなサイクロンが上陸し、多くの人が住まいを失い、犠牲になった人も数多くいたとのこと。ただでさえ新型コロナウィルスの影響が続く中、サイクロンとは…。

 

日本もこれから梅雨シーズン。もう九州地方などは梅雨入りしましたね。関東も、先日の雨続きのときにはもう梅雨入りだったんじゃないかと思いますが、調べたらまだでした。

大雨による被害が出やすい時期になります。充分に備えて、警戒が必要と思います。

 

日本の台風シーズンは夏の終わりから秋にかけて、なのでまだ先です。それまでにワクチン接種、終わってると良いのですが…。

 

ちなみに、「サイクロン」「タイフーン」「ハリケーン」「台風」は、発生する位置や、風速によって変わります。(懐かしい。地学でやった)

 

なお、「台風」は日本独自の基準で、北西太平洋または南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち風速17.2m/s以上のものを全部ひっくるめて「台風」といいます(千葉県、入試に出たことあります!17.2m/sって覚えてないと答えられない問題でした)。

ハリケーンは北大西洋やカリブ海、メキシコ湾周辺で発生(だからアメリカに来るのは「ハリケーン」)。

サイクロンは北インド洋や南西太平洋なら「サイクロン」です。

 

どんな呼び方にせよ、間違いなくここ数年のこれらの規模・被害は大きいものになっています。天気予報や気象観測がどれだけ発達していても、避けることは出来ません。

しかし、防災関連のなにかの番組で、「地震等の災害はいつくるかわからないから、来てから対処するしか無いが、台風や大雨はある程度予測ができる。それは、本格的に被害が出る前に対策することができるということだ」と言っていて、なるほどと思わされました。

 

 

 

 

 

 先日、生徒さんと話をしている中で、「蛍を見たことがあるかどうか」という話になりました。(国語でちょうど出てきたのです)

私は小学生の頃、地元の公園に見に行ったことがあります。叔母の家の近くの公園だったのですが、妹と一緒に叔母の家に泊めてもらって、一緒に見に行きました。緑がかった黄色い光が木の間をふわふわと飛んでいて、なんて奇麗なんだろうと思ったものでした。2度めは、友人と金沢に旅行に行った際に見ました。金沢城外濠公園だったと記憶してます。ちょっと時期を外れていて、ダメかもと思って観に行ったのですが、運良く観察することが出来ました。綺麗だったな~。金沢、また行きたい。

 

話をしていた生徒さんたちは蛍を見たことが無い、とのこと。調べたら、千葉でもあちこち観察できるところがあるようです。仕事の日は絶対ムリですが、時間があれば観察しに行ってみようかなと思います。

虫さされ

今日の夕方、なんかちくっとすると思ったら右手に蚊がいました。ぺちんと叩いたら血が付いてきて、やられたと思いました。その後、真っ赤に腫れてかゆくなってきました。今年初です。

授業していた生徒さん2人は無事だったので良しとしますが、これからしばらく蚊に悩まされるかと思うと憂鬱…。

虫刺されの薬を常備しているくらい頻繁に刺されるので、学生時代は天然の虫よけと言われていました。(農場作業中私だけ刺されて周りは無事)。

まだ5月なのになぁ…。

皆既月食

昨日は皆既月食でしたね!20:00過ぎから観測可能、しかもスーパームーンとのことで、楽しみにしていましたが、千葉上空はあいにくの曇り空…。残念です。きれいに観測できたエリアもあったようで、羨ましいです。

 

この前の皆既月食は2018年でしたから、3年ぶりですかね。次に日本で観察できるのは来年の11月なんだとか。また次の機会を待ちたいと思います。写真は、私がスマホの限界に挑戦して撮影した2018年1月の皆既月食。

うれしい報告

この春から担当している生徒さんたちの最初の定期テスト結果が戻ってきはじめています。

いつもより出来たかも、とか、今までで一番いい点数だった、と報告してもらえると、やっぱりうれしいです。

みんな、お疲れさまでした。がんばったね!私たちもうれしいです。

また次も頑張りましょう!

 

テレビ離れ

若者のテレビ離れが深刻、との報道を見ました。今や、10代、20代の半数がほぼテレビを見ないのだとか。さもありなん。

 

友人にも「家にテレビ無い」という人がいますし、私自身も以前、テレビが壊れたのがきっかけで(当時はブラウン管テレビでしたよ懐かしい)「別にいいかな」と思い2, 3年程テレビ無し生活をしていたことがあります。新聞やネットでニュースは追えますし、PC等あればDVDも見れますし、特に不便は感じませんでした。

今も、ニュースやよっぽど気になる番組以外は、基本的にDVDやブルーレイを見てます。

 

最近は小、中学生と話していると、「先生、YouTubeでどんなチャンネル見てるの?」とか、「「アマプラ(Amazonプライム」や「ネトフリ(Netflix)」見てる?」等聞かれます。先日は「先生、ドラゴンボールって知ってる?」と聞かれたりしました(笑)。アマプラで見れるのだそうです。昔のアニメ、当時の小学生が好きだったものは、現代の小学生も好きなのねとちょっと感激。

 

もう「テレビでどんな番組見てるの?」という話題は古いのだな、と痛感しています。時間に縛られず、気軽に、面白い番組がいつでも提供されるのであれば、テレビより利点が多いのは間違い無いですもんね。逆に言えば、それだけテレビに魅力が無くなったということかも。

 

コロナワクチン

先日両親と電話をしていたら、祖母のワクチン接種が5月末に決まったとのことでした。両親も、予約が取れれば7月には接種が終わるとのことで、ちょっとだけ安心しました。

接種予約の電話が殺到して、電話回線を一時制限するとか、いたずらでの予約が一定数入ったとか、大規模接種の予約がはじまったとか、最近では毎日のようにニュースになっています。

 

私達まで回ってくるのはいつになるかわかりませんが、それまでもうしばらく我慢。

 

癌治療費が10分の1以下になる可能性!

京都大学iPS細胞研究所が、癌免疫療法の治療費を「10分の1以下」にできる可能性を発表しました。

 

癌の治療には、癌細胞を攻撃するT細胞を患者やドナーから移植する「免疫療法」が有効ですが、治療費が高額なことが課題でした。研究所では、iPS細胞からT細胞を作製しマウスの体内に注入したところ、拒絶反応を起こさずにがん細胞を小さくすることに成功しています。この技術が実用化されれば、大量作製が可能になり今までの10分の1以下の費用で治療が受けられる時代が来るかもしれないのです。

iPS細胞技術がノーベル賞を受賞したのが2012年。もう9年経っています。地道な研究を続けてくれた研究者の方には頭が下がります。早くこのような治療が受けられる時代が来てほしいです。

大山